2012年5月17日〜20日 与那国島ツアー

日本最西端の島、国境の島、海底遺跡の島、与那国島に行ってきましたよ〜
それも今回のツアー、サプライズ&ミラクルツアーとなりました。

与那国島までは羽田から石垣島経由で4時間半、行ったその日に2ダイブできちゃいます。

初日、気温が意外と低く「ここは沖縄か?」と思うほどの陽気
1本目からお楽しみのポイント「海底遺跡」へ
自然が作ったにしては首をかしげるほどの地形に見とれてしましました。
そして最初のサプライズ!
ダイビングを終了して水面に出た途端、水中に黒い大きな物体が!出ました!マンタ様!!

2日目、天気予報では雨や曇り予報だったのに…晴れ!そして暑い!これはミラクル!
この日は大物狙いのドリフトダイビングポイント「赤土」へエントリー
前半は大物らしいものは出現せず…まぁこんなもんだよね〜と思っていたら…
キタァ−−−ッ!
ハンマーヘッドシャーク!遠目でしたがその巨体はバッチリ!
そして何やら大きな魚を引き連れてコッチに近づいてくる物体がっ!
またまたキタァ−−−ッ!
ジンベエザメ!与那国エリアでも年に数回しか遭遇できないレアな魚
約1分間、その雄大な泳ぎに見とれてしまいました。
ちなみにお供の大きな魚は「ロウニンアジ」これだって物凄い魚ですが…ジンベエザメを前にしてはカレーの福神漬け状態です。
ジンベエの興奮冷めやらぬまま安全停止!その途中…
またまたまたキタァ−−−ッ!
今度は「バラクーダ(オニカマス)の群れ」ゆっくりゆっくり近づいて…大接近!
イカツイ顔のバラクーダ、そのイカツサを堪能できました〜

1本のダイビングでそれも次から次へレアな大物との遭遇、これはサプライズ&ミラクル!
4000本以上潜ってきた大川もエキジット後、しばらく興奮が止まりませんでした。

3日目、光のポイント「光の神殿」へ
実はこのポイント、MAPに記載のない秘密のポイント
それも、波が高かったり、うねりや流れが強かったりすると潜れないレアなポイント
実際現地スタッフでも、今年潜るのが初とのこと
潜れるだけでもミラクル!潜ったら光に言葉を失いました。
穴から差し込んでくる光で「光の柱」ができています。
進んでいくと横穴がたくさん!その一つ一つからキレイな光が差し込みます。
光を堪能した後は「ギンガメアジの群れ」が出迎えてくれました。

海底遺跡以外にも地形ポイントが素晴らしい与那国島、再確認させられましたね〜
今回のツアーはホントにサプライズ&ミラクルの連続でした。
ご参加いただいた皆さん、ラッキーでしたね。
そしてありがとうございました〜