カテゴリ

HOME > 日記 > ダイビング日記 > 岩でダイビングイベントを開催,シーフードが旨い

日記

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

岩でダイビングイベントを開催,シーフードが旨い

2019年5月19日(日)

岩で毎年行われている「トレジャーハント」イベント
水中でお宝を発見して、美味しいものをGETできるイベントです。
ずっと前から予約していたのですが、数日続いた大きなウネリの影響で透明度ダウン!
そしてエントリー、エキジットもしづらい状況
岩ダイビングセンターの判断でトレジャーハントから「ダイバー感謝祭」に変更
潜って、BBQして楽しむことになりました。
また、ビーチダイビング予定でしたが、ボートダイブに変更

水温:19度
透明度:12m

と言うナイスコンディションでした〜
ポイントは「トライアングル」と「化ヶ根(ばけね)」へ
どちらも魚影が濃かったです。
化ヶ根では偶然ハナタツに出会えてラッキー!
岩ボートが初めてのお客様もいて、思いっきり堪能してもらいました。
このお客様、今回からMyウエットスーツを投入です!
これから夏に向けて楽しみがまた広がりました。


カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

ダイビングCカード取得(ライセンス取得)コースプール実習

2019年5月23日(木)

ダイビング初心者コースの1日目、学科&プール実習を開催しました。
今回から、SSIの新しいカリキュラムで実施です。
とは言っても大きく変わったわけではありません。
より実践的に、より練習時間を増やすようにしました。
安心して海中を楽しめるダイバーに育ってもらえるよう
新しいこと、素晴らしいことはどんどん導入していきます!


安全潜水の基本バディシステムを見直しています。

2019年5月18日(土)

時折強めのウネリが入る中、岩へ行ってきました。
ウネリの影響で視界は3〜5m程度
この視界ですと、いつもなら広範囲には動けない状況です。
しかし、今回はちょっと違いました。

実は今回からバディシステムの見直しをしています。
理由は幾つもあるので、皆さんがダイビングにいらした際にお話ししますが
ダイビングする上でバディで潜るのは当たり前のことです。
これはガイドがいても同じです。
ですが、ガイドがいるとガイドに頼ってしまう…この状況は本来のダイビングではありませんし
安全上もよくありません。

ドルフィンアイズはこれから
 
ダイビング本来の
当たり前の
バディシステム

でダイビングします。

今回もこの本来のバディシステムに近い形で潜りました。
もちろん完璧とは言えませんが、いい感じになりました。
おかげで広範囲を移動できました。

あと、ネタを水中で思いつきました。
今回のツアー、菅(カン)さんにご参加いただきました。
菅さん、言い換えれば菅(スガ)さん
菅官房長官ばりに「令和」持ってもらいました。

水温:19度
透明度:3〜5m




親子で体験ダイビング,ファンダイビングで福浦へ

2019年5月12日(日)

福浦に行って来ました。
今回は親子で体験ダイビングにご参加いただきました。
ドルフィンアイズの体験ダイビングはスノーケリング&ダイビングです。
スノーケリングでもいろんな魚、生物に出会えました。
浅場ではアメフラシが産卵の真っ最中
そんな経験もスノーケリングでできました。
バブルリングにも挑戦してもらいました。
輪っか、できましたよ。
ダイビングでは、目の前までくる魚たちに驚いていただいたようです。

ファンダイビングではダンゴウオやニジギンポ、各種ウミウシなども見れました。

水温:18度
透明度:8m


ナビゲーション講習で習ったことを実践練習しました。

2019年5月11日(土)

令和になって初めての岩ダイブでした。
今回ご参加のお客様は先月ナビゲーション講習を受講されました。
ナビゲーションの基礎を見直し、練習したので、それを実践的に使って潜ります。

今回はバディ同士で…
①行きたいところを選ぶ
②そこに行くためのナビゲーションテクニックを話し合う
③追加の情報を現地サービスに聞いて入手する
④ログブックの情報からエントリー,エキジット方法を話し合う
⑤エントリー
⑥水中ナビゲーション
⑦水中で残圧の確認、潜水時間の確認、その情報からコース変更を話し合う
⑧エキジット

をやってもらいました。
これってバディダイビングするなら、当たり前に行うことです。
バディダイビングできるレベルであるオープンウォーターダイバーならできて当たり前のことですが
日本のダイビング界ではできるダイバーはなかなかいません。
でも、これができるダイバーは絶対的に安全に潜れます。
間違いありません。

ドルフィンアイズでは、これができるダイバーの育成を進めて行くつもりです。

水温:17度
透明度:7m








平成ラストダイブは獅子浜でナビトレーニング

2019年4月30日(火)

石橋に行く予定でしたが、低気圧からのウネリがどんどん入って来ていて透明度ダウン!
3〜5mとのこと。
ついでに来たか!春濁り!
初めてのナビゲーショントレーニングでは8mくらいが最適!
更に風向きが悪く、ナビゲーショントレーニングとしてはちょいと厳しい状況だったので
西伊豆の獅子浜へ行って来ました。

しかーーーしっ!

獅子浜、なななんと!透明度15m!
これじゃナビトレーニングが簡単すぎだね。
なので、トレーニング範囲をいつもより広げてチャレンジしてもらいました。

結果を申し上げますと、ほぼほぼ迷うことなく回ってこれて大川的には非常に残念!
でも講習生様としては自信を付けることができてよかったと思います。

次回はもっと透明度が悪いところでチャレンジしてみましょ!

水温:18度
透明度:10〜15m




コース

お問い合わせはこちら

PAGE TOP