HOME > お役立ち情報 > アーカイブ > 2019年1月

お役立ち情報 2019年1月

ダイビングを始めたい方必見!費用はどのくらいかかる?

「ダイビングを始めるにあたって費用はどのくらいかかるのか?」皆さんが疑問に思うことですね。「ダイビングはお金がかかる趣味」とよく言われたものですし、今もそう思われている方も多いのではないかと思います。
では細かく見ていきましょう!


目次

・Cカード取得コース受講費用
・器材の購入費用、または器材レンタル費用
---------------------------------------------------------------
・追加講習の受講費用
・毎回のダイビング費用
・まとめ

Cカード取得コース受講費用 45,000円〜55,000円


 ダイビングを始めようと思ったら避けて通れないのがCカード取得コース、「Cカードとは?」はコチラをご覧下さい。実は費用的に一番難解で厄介なトコロです。ダイビングショップは新規のお客様が欲しいので、この料金を低く設定することが多いです。中には1万円台なんてところもあります。でもその料金の中には何が含まれているのか?別にかかる費用はいくらなのか?をしっかり確認する必要があります。安いお店は「レンタル代は別」とか「Cカード申請(発行)料は別」「特定の器材を購入することが前提」などがよくある話です。全て込みなのに1万円代と言うお店は執拗な器材セールスがあるかもしれませんし、コースの質も良いかどうか疑わしいところです。
 そんなわけで一概に言えないのがこの費用なのですが、一般的なお店でのトータル費用は税抜で45,000円〜55,000円と言ったところです。これ以上高くても日数をかけしっかりとした質の高いコースを開催しているお店もあり、こう言うお店は1日あたりで考えると安かったりします。ホームページだけを信用せずに、実際に電話してみたり、お店に行ってみたりして選んで下さいね。



器材購入費用、またはレンタル費用 70,000円~


「ダイビングは器材が必要不可欠なレジャー」です。
元々陸上の動物である人間が器材の力を借りて空気のない宇宙へ旅行するようなものです。自分の事は基本全て自分でできるようにならなければなりません。その為にも自分の体に合ったダイビング器材のフルセットが必要になります。自分の器材を持ち、毎回同じ器材を使う事で操作方法に慣れ、快適なダイビングができるようになるばかりかトラブルを未然に防ぎ、より安全なダイビングができるようになります。趣味として続けて行くなら早い段階で自分自身のものを所有する事が必要なのです。
 でも最初からフルセットは…と言う方はマスク(水中メガネ)
 スノーケル
 フィン(足ひれ)
 ダイブコンピュータの4つだけは必要最低限として必ず揃えましょう!また、潜るエリアにもよりますがウエットスーツまたはドライスーツも早めに用意したい器材です。水中は陸上と違ってすぐに寒くなってしまいます。せっかくのお休み、ダイビングで楽しもうと思っていたのに、寒くなってしまったら全然楽しくありませんよ。
 器材はピンキリがありますが安いものはチョイスすべきではありません。冒頭お話ししたようにダイビングは宇宙へ行くようなものです。宇宙で安いものを身につけて安全でしょうか?それなりのもので用意すると70,000円程度、スーツまで入れると+5〜15万は必要になります。
 一方レンタル器材でやっていくなら10,000円/日程度かかると思ってください。Cカード取得コース中は受講費にレンタル器材費用まで含まれていることも多いですが、取得後のダイビングではダイビング費用以外にレンタル代がかかってくることが普通です。



〜ここからはCカード取得後のお話となります〜



追加講習の受講費用 10,000円〜


 初めてのCカードを取得するとある程度の限定範囲でダイビングが出来るようになります。範囲については必ずスクールやショップに問い合わせて確認してください。今よりダイビング技術を高めて限定範囲を超えるダイビングをするのが追加講習になります。「もっと楽に潜れるようになりたい」「更に楽しく潜りたい」「もっと深場にいってみたい!」「夜潜ってみたい!」「ステップアップしたい!」 そんな希望を叶えてくれるコースになります。
 ですから必ず受講しなければならないと言うものではありません。
 ご自分の今後のダイビングの希望に合わせた最適なコースをインストラクターと相談しながら決めれば良いと思います。



毎回のダイビング費用 10,000円〜


 ダイビングするには幾つかの料金がかかります。代表的なものが以下の3つです。
①シリンダー(空気ボンベ)代
②施設利用料 (地域によっては施設を利用しないため、かからない場合があり)
③ガイド代
 ダイビングショップはこの3つを合計したものをダイビングツアー料金として提示していることがほとんどです。この金額はショップが海からどのくらい離れているのか?、またボートに乗ってダイビングをするのか?、によっても大きく変わってきます。10,000円はあくまで参考レベルとお考えください。



まとめ


挙げてきた料金を時系列にまとめると
Cカード取得までにかかるもの:45,000円〜
Cカード取得後にかかるもの:10,000円〜
器材購入時にかかるもの:70,000〜
となります。
ダイビングはお金がかかるイメージがありますが、かけた分以上の豊かな人生経験を得ることができる素晴らしいレジャーです。素晴らしいダイビングライフを始めるのに一番重要なことは「信頼おけるショップ、スクール、インストラクターと出会うこと」と言っても過言ではありません。しっかりとしたお店、真剣に教えてくれるスクール、そして信頼のおけるインストラクターはご自分で時間をかけて探すべきです。ホームページだけをみて決めないで、実際に行って会って話をしてみて決めてくださいね!


筆者:大川 厚

1

« 2018年8月 | メインページ | アーカイブ | 2019年6月 »

コース

お問い合わせはこちら

PAGE TOP