カテゴリ

HOME > 日記 > ダイビング日記 > 台風で神子元ツアー中止なのに100本記念でドリフトダイブ

日記

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

台風で神子元ツアー中止なのに100本記念でドリフトダイブ

2019年10月14日(月祝)

皆様、台風19号ハギビスの被害はありませんでしたでしょうか?
被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。
お店の方は幸い被害はなく、地味〜に外のラティスが外れたくらいでした。

一方ダイビングの方はハギビスせいで神子元フリープランツアーは見事に中止!
この3日間、全て船も欠航になったのでお話にならない状態ですし
台風通過後は現地でプチ停電も発生し、受け入れもできない状態でしたから
「諦める」しかないですね。

3連休最終日だけは伊豆でダイビングができそう!
ちょうど100本記念ダイビングのお客様もいらっしゃって
神子元では水中でフラッグが出せませんから
ある意味、結果オーライ!
神子元のうっぷんを晴らすかのように堂ヶ島へ行ってきました。

水温:25度
透明度:8m

台風通過後にしてはなかなかのコンディション
1本目は「カマガ根」へ
エントリーすると…おぉ〜意外と流れてる。
さすが大潮!大潮を狙って神子元ツアー組んだので、そりゃそうか!
カマガ根の水路にも流れが入り込んでいて、キックしなくてもゆっくり進めて楽でした。

2本目は「浮島根」に行く予定でしたが、流れが強烈!とのことで再度「カマガ根」へ
カマガ根のいつも行かない方面へ行ってみました。
そちらには1本目よりも更に大きな水路があり、強い流れが入っている今日なら
きっとドリフトでアトラクション状態になるハズ!神子元を彷彿とできるかも?
エントリーしてみると、やっぱりいい流れ!
期待して水路へ行ってみると、やっぱり吸い込まれるように水路に入れました。

「超楽しい!」

この言葉をいただけて良かったです。
そして100本ダイビング、おめでとうございまーす!!


カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

自分のドライスーツでダイビング,NEWダイバー誕生!

2019年10月10日(木)

以前は体育の日だった今日
今年最大級の台風19号、ハギビスちゃんが接近中の今日
西湘地区の海が全部クローズの今日
獅子浜へ行ってきました。
獅子浜では時折ウネリ波が来る程度でダイビングは問題なく可能!

水温:25度
透明度:8〜10m

駿河湾の奥の方は強いです!
でも2本目が終わる頃になると波の強さが強くなってきてましたので
明日以降のダイビングは月曜日まで厳しいかもしれません。

そんな中、オープンウォーターダイバーコースの海洋実習と
ドライスーツスペシャルティの限定水域&海洋実習を開催しました。

本日よりMyドライスーツでダイビング開始!のお客様です。

花柄のドライスーツ、似合ってますよ〜
ダイビングの相棒、これから上手に使ってあげて下さいね。
使い方は、本日お教えしまーす!

一方、オープンウォーターダイバーコースは最終日
潜降直後からご自分でどんどん中性浮力を調整したりと、今後のダイビングを想定したダイビングも練習しました。
もちろん、緊急スイミング浮上やBC脱着なども実習し、晴れてダイバー認定となりました。
おめでとうございまーす!

台風19号の影響で3連休のダイビングは以下のようになります。
★ダイビング中止
12日土曜日
13日日曜日
★状況確認の上、開催判断
14日月曜日

尚、店舗営業は通常通り行う予定ですが、12日土曜日は状況によって早めに閉めると思います。
今回の台風はその大きさ、かなりヤバヤバです。
皆さんの安全を考え、12日土曜日はなるべく外出しないようにすることをお勧めします。







100本記念を念願の堂ヶ島で,天然記念物ダイビング

2019年10月6日(日)

100本記念ダイビングの方のリクエストで西伊豆の堂ヶ島へ行ってきました。
観光地の堂ヶ島は天然記念物の「天窓洞(てんそうどう)」があります。
天窓洞は海岸線にあって、遊覧船で入っていける大きな洞窟です。
洞窟の中央付近には真上にまん丸の穴が空いていて、差し込む光が綺麗です。

堂ヶ島はメインはボートダイビングです。
実はボートは天窓洞を通ってポイントへ向かいます。
ダイビングと一緒に堂ヶ島観光ができちゃうお得で珍しいポイントなんですよ。

記念すべき100本目である1本目は「浮島根(ふとうね)」にエントリー
ここは水深30mから12mまで立ち上がる豪快な根で、潮が当たって魚が群れ群れ
キンギョハナダイやスズメダイ、今回はイナダやカンパチ、アオリイカも群れてました。
コンディションがすごく良かったので、水面から水中、水中から水面がよ〜く見えました。

2本目は「カマガ根」へ、こちらは地形&マクロポイント
ダイバーが1人ずつしか通れない、まっすぐな水路が沖に伸びています。
また、オーバーハングという岩がせり出している地形の場所もあり楽しませてくれます。
今回もミナミハコフグや3種類のイボウミウシ、オトヒメエビ、大きなコロダイやハマフエフキにも会うことができました。

ものすごく素晴らしいコンディションで100本記念ダイビングとなって本当に良かったです。
おめでとうございまーす!

水温:25〜26度
透明度:15m




ナイス透明度の中Cカード取得コースとファンダイビング

2019年10月5日(土)

オープンウォーターダイバーコースの限定水域実習とファンダイビングで久しぶりの大瀬に行ってきました。
黒潮が入ってきたせいか昨日に引き続き、西伊豆はナイス透明度!
風の影響で浅場だけ落ちていましたが、水深2mあたりからはスッコーン!です。
更には、心の底から「夏〜秋の海だねー」って思える魚の数と種類
ワイドもマクロもどちらもOKなベストシーズンの到来ですね!
南からやってくる季節来遊魚もたくさんです。
でもちょっと厄介だったのが、河童のお皿みたいなクラゲ「ギンカクラゲ」
水面に浮いて漂うクラゲですが、大量にいて避けながらの水面移動でした。

更にもっと気を使ったのが限定水域実習
水面で練習するスキルがいっぱい!ギンカクラゲから講習生様を守らねば!
ありがたいことに実習を行う、水深2〜3m付近の水面にはほぼいなかったので助かりました。
…が…大川はちょっとだけ刺されました。
久しぶりのクラゲ毒…ちょっとだけピリピリです。
そんな中、今回の講習生様どんどんと練習して上手になりました。
マスクなしスイムもお手の物!
来週の海洋実習が楽しみです。

水温:25〜26度
透明度:8〜15m





10年ぶりのダイビングでスキルアップデート,衝撃映像あり

2019年10月4日(金)

今回のお客様はダイビングが10年ぶり
忘れていることも多いと思うので、アップデートコースを開催しました。
ポイントはららら
台風へ流れていく南西強風が吹き荒れる中でも、らららは安定の海です。

水温:26度
透明度:15m

とナイスコンディションでした。
アップデートコースではスノーケリングから開始
その後、器材を背負っていざダイビング

レギュレータクリア 2種類
レギュレータリカバリー 2種類
マスククリア
フルマスククリア
マスク脱着
エア切れバディへの空気供給

などを実習しました。
覚えているスキルを強化し
忘れているスキルを思い出し
新しいスキルを経験していただきました。

楽しんでいただきたようです。

お客様は海の生物がお好きとのことだったので
色々とガイドもしました。
今回出会った生物の中で、一番衝撃だったのは
「ヒラタブンブク」
昼間は砂の中に潜っているウニです。
昼間、不用意に砂を掘ってこのウニに刺されることもありますので要注意!
ナイトダイビングでは砂の上に浮上?してきたブンブクを見かけることもありますが
昼間見ることはレア!
それなのに今回は更に超高速移動しているシーンを見れました!
ウニがこんなに高速移動できるって初めて知りました。
ぜひ動画でご覧下さい。
また、最後には潜降?するところも見れますよ。




初めて日本でダイビング,ナイトロックス講習を開催

2019年9月29日(日)

先日メールでナイトロックス講習をご予約をいただいたお客様
ドルフィンアイズをご利用いただくのが初めてのお客様です。
SSIダイバーでアドベンチュアラーを所持しているとのこと
朝、お会いして色々お聞きしたら「日本でダイビングするのが初めて」とのこと
日本のダイビングの印象が悪くなっては大変!
行きの車の中から「透明度3mダイビング」の話をして免疫をつけてもらいました(笑)

獅子浜についてからはまずナイトロックスの学科を
その後は酸素分析の方法やシリンダーへの表示方法、コンピュータへの酸素濃度入力などを行いました。
そしていよいよ日本で初めてのダイビング!
「きれい!」
と思っていただけたようです。
ホッとしました。

これからも日本のダイビング、続けていただけるようです。
良かった〜

ダイビングでは珍しいものが見れました。
南の海に生息するゴシキエビ(の子供)
キミシグレカクレエビ
イボイソバナガニの超子供

ゴシキエビ、育ってくれるといいなぁ〜

水温:25度
透明度:8m




コース

お問い合わせはこちら

PAGE TOP