カテゴリ

HOME > 日記 > ダイビング日記 > 透明度20mの海洋公園で-30m超えのディープダイビング

日記

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

透明度20mの海洋公園で-30m超えのディープダイビング

2019年12月12日(木)

ディープ講習とファンダイビングで久しぶりの海洋公園に行ってきました。
講習生様は海洋公園でのダイビングが初めてでした。
ディープ講習は2日目、スーパーディープの日です。
ここで解説しておきましょう!スーパーディープとは?
それは「-30mを超えるダイビングをすること」
−18mよりも深い場所へ行くダイビングのことをディープダイビングと定義されていますが
さらに深い−30m越えのダイビングを特別にそう呼んでいるのです。
しかしこの言葉、ドルフィンアイズでしか通用しませんのでご注意ください。

さて、-30m超えてくると「窒素酔い」が発生する確率がアップします。
「窒素酔いって何だっけ?」という人はその時点で復習が必要です。
オープンウォーターダイバーコースのテキストを読み返しましょう。もしくは大川まで!
今回の講習生様は2名、お二人ともなんとなく窒素酔いを経験できたようです。
これって素晴らしいことです。けっこう症状がわからない方、多いんです。
自分が何メートルの水深で、どんな症状で現れ始めるのかが分かっていれば、更に準備ができますからね〜

海中のコンディションはというと…
透明度が超いい!お天気も良い!なので水中が明るい!
ちょっとディープ感が薄かったかな〜
でも海洋公園の白砂のおかげで、沖縄の海にダイビングしているような、そんな気分になりました。

水温:19度
透明度:20m




カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

初めてのディープダイビング,初めての絶滅危惧種

2019年12月1日(日)

いよいよ師走
1年はホントに早いですね〜
色々と慌ただしくなってきますが、ダイビングは安全に行きまーす。

さて、ディープ講習とファンダイビングで大瀬に行ってきました。
学科をした後、べた凪の湾内にエントリー
初めての18m超えのダイビングをしました。
水深23m付近で圧力などディープを感じてもらったあと
いろんな生物を見てきました。
ネジリンボウ、アカスジカクレエビ、イボイソバナガニ、ツノダシ、ハタタテダイなどなど…
特筆すべきはオオウミウマ!
絶滅危惧種です。
ディープのお客様はタツノオトシゴ系は初めて出会ったとのこと
初めてづくしでいいダイビングでしたね。

2本目は外海の門下へ
けっこういい流れ…
初めてディープのお客様、こんなに強い流れはこれまた初めて
これまたいい経験の、いいダイビングになりました。

水温:20〜21度
透明度:10〜15m


堂ヶ島でファンダイビング,ワイドとマクロ!

2019年11月30日(土)

琴ヶ浜予定でしたが風向きが微妙だったので西伊豆へ
堂ヶ島で2ボートダイビングしてきました。

1本目は「浮島根(ふとうね)」へ
ワイド狙いです。
予想は的中、いい流れ!
流れに逆らって根の上から見れば
根回りにはキンギョハナダイが乱舞!イサキやタカベ、スズメダイ
小魚を狙ってワラサがアタック!
いや〜いい光景でした。

2本目は「カマガ根」へ
マクロ狙いです。
予想は的中、流れなし!
ベニサンゴガニ、ムチカラマツエビ、クマノミ、各種ウミウシ…
いろいろいました〜

今回はお客様がNEWポートのシェイクダウンでしたので
テストかねがね、いい2ダイブができました〜

水温:20度
透明度:10〜15m(ちょっと白っぽい)





初めて水深の深いダイビングへ,大瀬で人気者に遭遇

2019年11月29日(金)

ディープダイビング講習とファンダイビングで大瀬に行って来ました。
ダイビング前に学科を実施、その後1本目は湾内へ
エントリーすると、何やら異音が???
聞いたことのない音
こんな音です↓



↑この動画に映っているのはアキアナゴ、伊豆版チンアナゴといったところですね〜
それにしてもなんなんこの音…
まぁ気を取り直して…
久しぶりのセミホウボウに遭遇、大きなコウイカやネジリンボウにも出会えました〜




2本目は外海の門下へ
エントリーすると流れがボチボチ
そんな中、ー30m近辺までダイブ!
外海ならではの魚の群れに遭遇しました

水温:20〜22度
透明度:10〜15m

そうそう、今年もクリスマスツリーが設置されました。
いつもと違ってピンクの華やかバージョンです。
綺麗でしたよ〜


雨が降っても透明度最高!強い流れの雲見でアイツが!

2019年11月28日(木)

あいにく雨降りの1日でしたが、海中は超綺麗な雲見の海へ行って来ました。

水温:21度
透明度:15m〜

今回のダイビングは「穴に入らず雲見の楽しむ事」
特殊地形の雲見は、穴に入ってアドベンチャーな気分を味わうダイビングが多いですが
穴に入る事なく、雲見の生物的なポテンシャルを引き出すダイビングで行ってみました。

1本目は群れを狙って!
エントリーすると「おおっ!流れてる!!」それも結構な速さ!



これは群れも期待できる!
最初はキンメモドキの群れやミナミハタンポの群れなど小魚を狙い
後半はイサキなど少し大きい魚の群れを狙いました。
流れになからって潮が当たっている根に近づくと
いた〜!
乱舞してましたよ〜

2本目はマクロ!
1本目とは真逆のじっくり系です。
最近定番のニシキフウライウオ
甲殻類はムチカラマツエビ、イソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、サンゴガニ、イボイソバナガニ
育ちすぎたミツボシクロスズメダイや柄が派手なミナミゴンベなどみて楽しんでいたら…
あれ?いつのまにかぼちぼちデカイ奴がついてきた!
コブダイちゃんです。



強い流れで泡がすぐ後ろへ流されていく中、悠々と我々の周りの回って遊んでました。

真冬になると海が荒れてしまう雲見
今のうちにもっともっと楽しみますよ〜
また行って来まーす!






20時にはお店に!ナイトダイビングツアー,サンセット超綺麗

2019年11月24日(日)

最近だいぶ日が短くなりましたね〜
17時には空は真っ暗です。
陽が短くなるとなんとなく損した気分になってしまうのは大川だけでしょうか?
でも良いこともあって、それがナイトダイビング!
夏は陽が長いのでナイトダイビングのエントリーは19時頃
今は17時頃にはエントリーできる!
2時間くらいは時間を稼げるんです。
と言うことで20時頃にはお店に帰ってこれるので
通常ツアーとそんなに変わらない感覚で帰ることができます。
今回は綺麗な夕陽のサプライズ付きでした。

また今回からTG-6を海投入したお客様がいらっしゃいます。
そのお客様とは先日こんなやり取りがありました。

お客様「お支払いは振込ですか?現金ですか?」
大川「どちらでもOKですよ」
お客様「10万の札束の方が面白いかな?」
大川「千円札100枚の方が面白いです」

まさかとは思いましたが、やってくれましたね〜
来ました!100枚!あざーっす!!
暫く千円札には困らないドルフィンアイズです。

水温:21度
透明度:10m前後


コース

お問い合わせはこちら

PAGE TOP