HOME > コース > Cカード取得コース

コース

Cカード取得コース


そもそもCカードってなに?スキューバダイビングでよく見る「Cカード」と「SSI」について

スキューバダイビングをやろう!と調べているとなにかと出てくる「Cカード」という言葉。
実はスキューバダイビングを行うためには、厳密にはCカードを取得しないと
いろいろな海でダイビングをすることができません。

「えっ、Cカードを取らないとスキューバダイビングできないの...?」
「そんな難しそうなものを取れるか分からない...」

そんなことはございません!
ドルフィンアイズではお客様が楽しくスキューバダイビングを行えるよう
しっかりサポート致します。
まずは「Cカード」とはどのようなものなのかを見てみましょう。

Cカードとは
▲これがCカードです。
表面には受講した講習、裏面には講習生の名前や顔写真などが記載されています。

認定証(Certification Card:サーティフィケイション カード)のことをさします。

よくライセンス(免許証)と言われますが違いますし、ダイビング免許と言うものは存在しません。

日本全国のダイビングスクールやショップなどで「ライセンス」と表示されているものは、実は全て認定証(Cカード)のことです。

Cカードを持っていることの意味

Cカードはよくスキューバダイビングを行うための「免許証」のような存在と思われがちですが、実はそうではありません。

スキューバダイビングをするための「最低限の知識と技術」を「コースを受講した時」に持っていたことを証明している「証明書」の役割を持ちます。

そのため、Cカードを取得したからといって
・これからずっと知識や技術がある
・どんな場所、どんな海にも潜れる
・自由にダイビングができる
...といったような能力が身についたということではありません。

Cカードを取得しただけでは色んな海で、ストレスなく、快適に、楽しく潜れるダイバーになることはできません。
Cカードを取得した時、そこがダイバーとしてのスタート地点なのです。

SSIとは

SSI(エスエスアイ)は、SCUBA SCHOOLS INTERNATIONAL(スクーバスクールズインターナショナル)の略で、 ダイビングの指導団体の1つになります。指導団体は他にもたくさんありますが、SSIの特徴は以下のものになります。
詳しくはSSIホームページをご覧下さい。

国際的なCカードを発行できる!(デジタル、プラステックカードあり)

世界中どこへ行っても通用するデジタルCカードが発行されます。
デジタルCカードはお手持ちのスマホやタブレット、パソコンで表示することができます。
また従来からあるプラスティック製Cカードも発行することができますので、ダイバーのダイビングスタイルに合わせて自由な選択が可能です。

インストラクターの質が高い!

お医者様でも内科医や外科医など専門分野が分かれていて、内科医は外科的手術をすることはありませんね。
それと同じでダイビングインストラクターと言っても専門分野が分かれます。
既にCカード取得済みの方をガイドするのが得意だったり、ダイビング旅行の企画引率が得意だったり...ドルフィンアイズのインストラクターは「ダイビングを教える事を得意」としています。
講習経験が豊富で講習指導レベルが高いのです。
受講生は効率よく、わかりやすく習うことができます。

信頼の安全体制!

ISO(国際標準化機構)認証を受けている講習カリキュラムを使用。安心して講習を受ける事ができます。

また講習はパソコン、スマホ、タブレット、紙マニュアルと様々な媒体で学ぶことができます。


Cカード取得 スクーバダイバーコース 概要

全費用込みで安心!
内訳:教材(デジタルテキスト、ログブック)費、レッスン料、シリンダー代、施設利用料、器材レンタル代、デジタルCカード申請料(別途必要なのは飲食代のみ)
10月~6月は体が濡れない暖かいスーツで受講できます!モチロン追加料金もなし!

コース

SSI スクーバダイバーコース(SD)

資格

最大水深:-12m
人数比 :インストラクター1名に対しダイバー最大4名まで
取得後のダイビング :インストラクターやダイブガイドと一緒に水中世界を楽しむ事ができます。

料金

29,000円(税抜)

講習内容

学科講習 :6セッション(半日)
プール/限定水域実習 :3セッション(半日)
海洋実習 :スノーケリング×1回  ダイビング×2回(1日)

コースの特徴

スクーバダイバーコースはダイビングする時に毎回必ず使う超基本技術のみを時間をかけてたくさん練習、そして習得して行くコースになっています。
ドルフィンアイズではプールでたくさん練習をします。
初めての海ダイビングとなる海洋実習から「海中を楽しむことができる本物のダイバー」になることを目指します。
また、次のステップアップコースであるオープンウォーターダイバーコースの一部(半分)の内容になっています。
残りの半分(オープンウォーターダイバーコース)を受講する事でオープンォーターダイバーに認定され、更に水中世界が広がります。


Cカード取得までの流れ

1ご来店でのお申し込みまたはWEBお申し込み

まず初めに、ご来店でのお申し込みまたはWEBからのお申し込みをお願い致します。

もしいきなりのお申し込みは...と思われる方は是非「無料説明会」へご参加下さい!
無料説明会は随時開催しております。お電話やWEBでお申し込み下さい。
無料説明会の所要時間は1時間くらいです。
ダイビングを始めるにあたり、不安に思うことや質問を納得するまで聞くことができます。
スクールの雰囲気や、どんなスタッフがいるか実際に確かめてみて下さいね。

24時間 365日受付中!WEBお申し込みはこちら
無料説明会資料請求お申し込みはこちら

2デジタルテキストを読めるようにする

お持ちのスマホ、タブレット、パソコンでデジタルテキストを読む準備をします。

注)紙テキストでの学習をご希望の方は別途3,000(税抜)がかかります。
紙テキストを使った場合でもデジタルテキスト内の動画を見ると理解がしやすいです。

デジタルテキストの準備方法
スマホ、タブレットで読む場合
  1. SSIアプリをダウンロードする
    Androidの方
    iOSの方
  2. 申し込み時に登録したメールアドレスと@diveSSI.comからのメールで送られてきたパスワードでログインする
  3. テキストをダウンロードする
    アプリ右上のメニュー→PROGRAM&CARD→SCUBA DIVINGの中から「OPEN WATER DIVER」をタップ→を選択→Mobleを選択→Load and open Program でダウンロード開始
パソコンで読む場合
  1. 「diveSSI」で検索、もしくはSSI(Scuba Schools International)にアクセス
  2. 右上のログインから申し込み時に登録したメールアドレスと@diveSSI.comからのメールで送られてきたパスワードでログインする
  3. Myトレーニング→Myコース→Open Water Diver(OWD)の「最初のページを見る」をクリック

どの端末で学習しても続きをご覧頂けます。また各ページでメモ(Notes)を取ったり、ふせん(Bookmark)を貼ったりできます。
ご不明な点や上手く見れない、などありましたらお気軽にお問い合わせください。

3自宅学習(ホームスタディ)

ホームスタディは非常に重要ですので、しっかりと行って下さい。

【手順】

  1. テキストを読む、途中にある動画も見る
  2. 章末の復習問題を解く
  3. 1~6章まで繰り返す

「プール/限定水域プレビュー」も確実にご覧下さい。
水中技術(スキル)の予習ができます。
次回実習前に担当インストラクターがスキル手順について質問しますので答えられるようにしましょう。

【注意】
★ホームスタディが終了していないと学科講習&プール実習に進むことはできません。
(講習生様のホームスタディがどの程度進んでいるか進捗状況がわかるシステムになっています)

★学科講習でインストラクターは「教える」より「学んできたことを確認する」ことをします。

4学科講習&プール実習

1日目

学科ではホームスタディの答え合わせをしたり、知識の強化をします。
プール実習では基本技術を何度も繰り返し練習していきます。
ここでしっかり練習する事で、次回の海洋実習が楽しく楽になります。

スケジュール

7:45 JR東海道線:鴨宮駅南口集合(電車の方)
8:00 スクール集合(車の方:無料駐車場あり)
8:00 オリエンテーション
8:40 学科講習
10:50 プールへ移動
当スクールの車で湯河原のプールに移動します。
途中コンビニに寄りますので簡単な食事や飲み物を買っていただき車内で早めの昼食。
12:00 プール実習
17:30 スクールへ移動・テスト
18:00 まとめ
19:00 解散

電車の方は鴨宮または国府津駅までお送りします。
※交通事情によって遅くなる事があります。ご了承下さい。

5海洋実習

2日目

プールで習得した技術を海中でできるかチェックします。
プールでたくさん練習しているので初めての海中でも楽しく潜れます。
たくさんの魚やいろんな生き物があなたを出迎えてくれますよ。

スケジュール

7:30 スクール集合(車の方:無料駐車場あり)
7:50 小田原駅西口銅像前(電車の方)
海洋実習地へ移動。
途中、トイレ休憩としてコンビニに寄ります。
9:30 実習地に到着、海洋実習開始!
実習として2回のダイビングをします。
ダイビングの合間、または終了後に昼食(お弁当または食堂など)
15:30 海洋実習地を出発
17:30 スクールへ戻りまとめ
18:30 認定式終了後 解散

電車の方は、駅までお送りします。
※潜水地によって集合時間が異なります。
※交通事情によって遅くなる事があります。ご了承下さい。

24時間 365日受付中!WEBお申し込みはこちら
無料説明会資料請求お申し込みはこちら

そもそもCカードってなに?更に2日プラスしてSSI認定のオープンウォーターダイバーになろう!

趣味でスキューバダイビングを続けていきたい方にオススメ!
スクーバダイバーコースに更に1日プラスする事でオープンウォーターダイバーコースを修了し、認定を受ける事ができます。
オープンウォータ・ダイバーに認定される事で、スクーバダイバーの制限が解除され、 より自由度のある範囲でスキューバダイビングを楽しむことができます。

費用

25,000円(税抜)
飲食代のみ別途

日程

2日

資格

最大水深 :-18m
人数比 :インストラクター1名に対しダイバー最大8名
取得後のダイビング :スクーバダイバーよりも遊べる範囲が増えます。「更にダイビングが楽しくなるスペシャルコース」に参加する事ができます。国際的にはガイドなしダイビング(バディダイビング)ができるようになります。(日本では追加トレーニングや経験が必要)

講習内容

学科講習 :3セッション(4~6章、修了していない場合のみ 2時間)
限定水域実習 :2セッション(1日)
海洋実習 :ダイビング×2回(1日)

コースの特徴

スクーバダイバーコースで超基本技術をマスターし、ダイバーになった後は水中での万が一に備えた緊急技術も習得しましょう。
このコースを修了する事で遊べる範囲が更に広がります。

コース修了後、すぐに沖縄や海外へ行くと言う方はアドヴァンスドアドベンチュアラー・コースへ、遊びの範囲をもっともっと広げたい方はスキルアップコースへ、とりあえず遊びたいと言う方はファンダイビングコースへ進むと良いでしょう。

他店でスクーバダイバーコースを修了
当校でオープンウォーターダイバーコース受講をご希望される方へ

費用:32,000円(税抜) 飲食代のみ別途
プール/限定水域実習:1日、海洋実習:1日の2日間以外に学科を2時間程度行います。

無料説明会資料請求お申し込みはこちら


pick UP CONTENTS

pick UP CONTENTS

COURSE
DISCOVERY DIVING
SCUBA DIVER
SKILL UP
MENU
STAFF

コース

お問い合わせはこちら

PAGE TOP