HOME > ドルフィン日記 > 学科やお店で実習 > 救急法,酸素供給法(リアクトライト)コースを開催

ドルフィン日記

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

救急法,酸素供給法(リアクトライト)コースを開催

2022年11月3日(祝木)

ドルフィンアイズでは毎年11月〜12月に救急法酸素供給法プロバイダーコース、更新コースを開催しています。SSIの正式名称としては「リアクトライト」と言います。リアクトライトは

救急対応(ファーストエイド)
心肺蘇生法(CPR)
AEDの使い方
酸素供給法

の4カテゴリがあり開催するお店によって内容を選択できますが、ドルフィンアイズでは1回のコースで4カテゴリとも開催しています。

「そもそも救急法って受講する意味があるの?119番で救急車呼べばいいじゃん。」
と思っている方もいるのでは?
緊急事態が発生し、119番に電話をして救急車が到着するまでの数分間、ここが重要なんです。心肺停止した場合、1分以内に救命処置できれば95%が蘇生しますが、3分以内なら75%、5分になってしまうと25%まで下がってしまいます。つまり、救急車が到着してから処置では遅い!そこで救急隊に繋ぐ重要な役割を果たすのが我々、救急法を学んだ市民なんですね。

救急法、酸素供給法の有効期間は2年です。
2年も経つと結構忘れてしまうものです。万が一の時に使えなかったら意味ないですものね。スキルをアップデートしましょう。

そんなわけで今回が今季初のリアクトライト、メインは山崎インストラクターが、サブに大川がつきました。



カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

Zoomでディープ学科リモート講習

2022年4月4日(月)

Zoomを使ってリモートで学科講習を開催しました。
今回はディープスペシャルティ、受講生様は4名です。
リモート学科は受講生様にとっても、インストラクターにとってもメリットたくさんですね〜
この日は19時30分からの開催でした。皆さんの予定を合わせて、お仕事が終わってから無理ない時間で開催ができるのがリモートの魅力です。
ディープは海洋実習が2日(3ダイブ)あります。初めてのディープダイビング、楽しんで受講してくださいね〜


リモートでダイビングの学科講習〜中性浮力SP〜

2022年2月17日(木)

来月開催される中性浮力スペシャルティの学科講習をZoomを使ってリモートで開催しました。
学科開始は20時、平日の夜なので皆さんのお仕事が終わり、帰宅され、無理のない時間からの開催です。こう言うことができるのがリモートのメリットですね。
画面越しではありますが、プレゼンテーション画面を使ったり、全員で意見を出し合ったりと、通常どおり笑いありで開催しました。
海洋実習は3月13日日曜日、岩で清掃ダイビングが行われる日です。
1段階上の中性浮力スキルをゲットしてくださいね〜


2021年最後の講習は救急法酸素供給法

2021年12月26日(日)

いよいよ2021年最後の講習となりました。
トリはリアクトライト(救急法酸素供給法)です。今回は初めて受講される方と、2年に一度の更新講習の方2名の講習生様でした。救急法は止血法、三角巾法、喉に何かが詰まった時の対応、意識不明者の対応(心臓マッサージやAEDの使い方)を実習します。また、酸素供給法はダイビング特有の減圧症や過膨脹障害、溺者への対応を実習し学びます。
目の前で万が一のことが起こってしまった場合に、少しでも体が動くようにトレーニングしました。


コース

お問い合わせはこちら

PAGE TOP