カテゴリ

HOME > 日記 > ダイビング日記 > 獅子浜ラストダイブはナイトダイビングコースで

日記

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

獅子浜ラストダイブはナイトダイビングコースで

2018年11月25日(日)
前にもお伝えしましたが、獅子浜ダイビングサービスは移転をします。
その為、12月1日〜1月31日まではダイビングが出来ません。
2月1日のリニューアル以降は今のダイビングエリアでも引き続き潜れるのですが
メインはもっと南側(海を見て左側)に移り、施設も新しくなります。
ドルフィンアイズとしては現行施設を利用してのダイビングはこの日が最後
それをナイトコースのダイビングまで含めて3ダイブで締めくくりました。
昼のダイビングではスーパーディープへ
お客様は全員スーパーディープ経験者でしたが、前回の最大水深を更新!-39mまで行ってきました。
ハクセンエビと言うちょっとレアなエビに遭遇、ハクセンアカホシカクレエビもいました。
この水深では大川はいつもの通り窒素酔いにかかってましたが
今回はお客様もかかったようで、水中でケラケラ笑う声が聞こえてました。
そしていよいよナイトダイビング
初めてのナイトはドキドキするもの、でも潜ってしまうと、昼間とは違う光景に興奮します。
体色が変わったアオヤガラ、活発に活動するマダコ、エビだらけの岩、寝ぼけたハナアナゴ
そして幻想的な夜光虫の発光…
どれもこれもナイトダイビングならでは、やっぱりナイトは大好きです!
思えば、雇われでイントラをしていた最後のダイビングも獅子浜ナイトでした。
獅子浜、ありがとう!
そして、新生獅子浜ダイビングサービスに期待しましょう!

水温:20度
透明度:12m





カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

復活の淡島ボート,大きなサンゴに圧倒!

2019年2月23日(土)

昨年からボートが壊れて中止になっていた淡島ボートダイビング
この度、ボートが新しくなって「今日から就航!」となる予定でしたが船検が間に合わず…
でもサービスさんの計らいで小さいながらもボートを用意してくれたので
久しぶりの淡島ボートダイビングをして来ましたよ。
ポイントは「根の端(はな)」
ここはBigなソフトコーラルが乱立し
水底には一面小さなソフトコーラルが生えている
「ソフトコーラル天国」があります。
大きさは伊豆1番!といっても良いほどです。
みなさんに一度は潜ってほしいポイントです。
しかし深いので、トレーニングを積んでからにしましょう。

水温:15度
透明度:12m





冬の鉄骨番長に潜って来ました。

2019年2月19日(火)

久しぶりの岩のボートダイブです。
鉄骨番長とトライアングルに潜って来ました。
ご参加いただいたお客様の内、半分の方は岩ボートが初めてとのこと
ならトライアングルは外せないなぁ〜、絶対に潜って欲しいポイントです。
また、レックコースを他のポイントで受講された方達なので
鉄鋼番長も外せないなぁ〜、と言うことでポイントは決まり!
タキゲンロクダイや各種ウミウシなどいて、大変楽しい海でした。
帰りはSARAでカレーを食して、ご馳走様でした。

水温:15度
透明度:15m



Happy Birthday!! 海中で過ごす記念日

2019年2月18日(月)

お客様がHappy Birthdayでした。
1年に一度の記念日をダイビングで過ごす特別な1日に。
簡単ではありますが、サプライズも仕掛けました。
今回は福浦、フォトコース受講のお客様も一緒です。
フォトコースではTG-5を手に入れたお客様に水中撮影の基本を練習してもらいました。
2ダイブ後は薪ストーブでカンタン調理ランチしました。


下の写真はフォトコースのお客様撮影


イルカちゃん達と一緒にダイビングしました。

2019年2月17日(日)

今年もイルカちゃんと一緒にふれあい&ダイビングして来ましたよ。
今回は総勢9名で行って来ました。
去年ご参加いただいたお客様の談↓
「去年は自分のダイビングスキルが無くて動けなかった。今年は一緒に泳いでリベンジ!」
その言葉通り、1年間毎月ダイビングして遊びながらも練習しこの日を迎え
そして見事にリベンジ成功!
目の前に来るイルカちゃん、横から来るイルカちゃん、上から来るイルカちゃん
次から次へのイルカちゃん攻撃にメロメロになりながら
あっという間にイルカダイビング終了となってしまいました。




完治してダイビングに復帰!おかえりなさーい!

2019年2月16日(土)

1年半前に不慮の事故で足に大怪我を負い、治療とリハビリに専念してきたあの方が
いよいよダイビングに復帰です!
長かったですね〜
頑張りましたね〜
でも油断は禁物!
今回は事故後初めてシリンダーを背負うので、何事もゆっくりゆっくり…
色々確かめながらのダイビングをしました。

また、今回は1組バディダイビングも行われました。
こちらはイソギンチャク畑まで行って来たようで、いろんな生物も観れたようです。
レア物のキアンコウも観れたようです。

そうそう、「コケギンポ」という頭がリーゼントの魚の写真を↓に載っけてあります。
なかなか笑える顔になっておりますので、ぜひご覧下さい。




コース

お問い合わせはこちら

PAGE TOP