カテゴリ

HOME > 日記 > アーカイブ > 2021年5月

日記 2021年5月

真鶴町の琴ヶ浜でシュノーケリング&体験ダイビング

2021年5月31日(月)

久しぶりの体験ダイビングで琴ヶ浜へ行って来ました。

水温:18度
透明度:7〜10m

ドルフィンアイズの体験ダイビングはシュノーケリングから。
いきなり重たいダイビング器材を背負うのではなく、まずは身軽なシュノーケリングで海に慣れてもらいます。今回のお客様はいつもシュノーケリングをして楽しんでいるとの事でしたので、問題なくスイ〜スイ〜でした。いつもと違うのは魚の名前をどんどん教えちゃうこと。小ネタを挟みながら楽しくシュノーケリングしました。
その後、体験ダイビングへ。
浅場でレギュレータ呼吸や耳抜きも問題なくクリア!
琴ヶ浜の浅場の白い砂地ではいろんなハゼと遊び、ヒラタエイもいて喜んでいただきました。岩場ではエビがたくさん!大きなカワハギ、カサゴ、そしてクロホシイシモチとネンブツダイの違いなどなど、色々紹介させていただきました。

シュノーケリングの時にフリーダイビングで呪いの人形まで行ってみました。
水深7m以深の透明度はすごく良い状態でした。


夕焼け後のナイトダイビング,新しいウエットスーツで!

2021年5月29日(土)

お店集合10時!
ゆっくり集合でららら(平沢)へ行って来ました。
こんなにゆっくり集合できるのは、ナイトダイビングがあるから。10時に出発して沼津に着いたらまずは「貝殻亭」でお昼ご飯、その後ダイビングの準備をしてこれまたゆったり2ダイブ、今は日没が18時50分くらいなので、ナイトダイビングエントリー時間までは更に3時間くらい余裕あり!この時間で軽く夕飯やロギングなどでしました。

水温:18〜19度
透明度:5〜8m

今回は昨日の日記(ブログ)でご紹介したNEWウエットスーツ、朝お客様に納品して早速ダイビングで海に浸かりました。
おめでとうございますっ!
陸上は気温が高かったのでウエットで快適、2ピースなので水中も寒くなく、たま〜にヒヤッとする程度だったそうです。マイウエットを所有されている方はそろそろウエットへチェンジも良いかもしれませんね。
ちなみに大川もダイバーズキャップを使ってみました。違和感なく使えます。フードが苦手な方にオススメします。

さて、生物はと言うと…
オオモンカエルアンコウと言う大型になるカエルアンコウがいますが、その大型なヤツがなんと3匹!!!それもけっこうな狭いエリアに密集中。これって凄いことです。ナイトダイビングでも見に行きましたが、近くを小魚がフラフラしててオオモンちゃんはそれを狙っている様子、カエルアンコウの捕食シーンが見れるか!と思ったんですが、なかなか食べてくれず…残念!!それでも各種ナマコがの〜びのび、各種貝類が高速移動、各種エビちゃんが岩の上で大胆ポーズとナイトダイビングならではの光景を見ることができました〜


NEWウエットスーツとフードの新しいカタチ

2021年5月29日(土)

お客様の新しいウエットスーツが届きました。
今回の仕様は5mmのロングファスナー付きワンピースと3mmのハーフフードボレロの2ピースです。
水温が若干低い5月〜7月初旬は2ピース着用で暖かく、夏〜秋の暑い時期はワンピースで快適に、11月(〜12月)はまた2ピースに戻し…と言う使い方ができます。

「ドライスーツよりもウエットスーツが好き」
「さすがに真冬はドライスーツが良い」

と言う方は間違いなくこの仕様にすると良いです。7〜8ヶ月はウエットスーツでダイビングできます。また、ワンピースとボレロの色を変えると2つのスーツを着ている楽しみ方ができますよ。

6月末までウエットスーツキャンペーン中です。
お気軽にご相談ください。


そして、もう一つ新しいアイテムをご紹介します。
「ダイバーズキャップ」です。
この商品、実は去年の春にドルフィンアイズからワールドダイブに提案したもの
「野球帽みたいなタイプにして、陸上ではつばを前に、水中ではつばを後ろにして使えるものを作ったら?」
そしたら今年、そのまんまの商品ができちゃいました。

「耳が塞がるのがイヤ」
「フードを被ると耳が抜けなくなる」
「フードのビジュアルが気に入らない」
「冬は暖かく潜りたい」

と言う方はすごく良いと思います。
つばの部分は日焼け防止にも一役買いそうです。

今回大川用のダイバーズキャップを作ってみました。
既製品サイズで、色は自分で好きな配色ができます。ある程度のサイズ調整はマジックテープでできまーす。
お気軽にご相談ください。



西神奈川ダイビング事業者安全協議会(NDOSA)のレスキュー訓練に参加しました。

2021年5月25日(火)

ドルフィンアイズが加盟している西神奈川ダイビング事業者安全協議会(NDOSA)のレスキュー訓練に参加しました。
この会は西神奈川地区でダイビングしている事業者間で連携して万が一の時にはお互いに助け合おう!と言う趣旨の集まりです。また、事業者間の仲が良くないと連携は上手くいきません。定期的なミーティングや懇親会などの開催もして楽しんでます。
そのNDOSAでは毎年レスキュー訓練を行っているのですが、昨年はコロナウイルス感染拡大防止の一環で開催が見送られました。今年は感染拡大防止の配慮をしっかりして開催となりました。また、海上保安庁から2名様、月刊マリンダイビングの記者1名様をお迎えして行われました。

今回、ドルフィンアイズからは大川が参加しました。

この日は基本的に同じ想定で合計2回のレスキュー訓練を実施、1回目にやってみて良かった点、改善点を話し合い、その後さらにもう1回訓練しました。
不明点など海上保安庁の方に質問させていただき、海上保安庁の方からも素晴らしいアドバイスをいただきました。

とても充実した時間となりましたが、併せて再確認したのは「ブリーフィングと基本スキルの大切さ」です。
どんな素晴らしいインストラクター(ガイド)が担当しても、それだけでは安全なダイビングはできません。ダイビングに参加するダイバー1人1人が、イントラがいなくても基本スキルを確実に実施できなければ事故は発生します。当たり前のことですし、分かっていたことですが改めて実感しました。

ドルフィンアイズでは毎年1回、基本スキルおさらいを実施していますが、少し実施方法を見直した方が良いかと思いました。


雨模様の熱海で初夏の海を感じるダイビング

2021年5月27日(木)

時間を追うごとにどんどん強まりそうな雨の1日、熱海で早めの2本ダイビングをして来ました。平日ということもあり貸切ダイビングでしたよ。

水温:19度
透明度:10〜12m

熱海は久しぶりと言う今回のお客様、1本目は「沈船」、2本目は「ビタガ根」の定番ポイントへ。どちらのポイントでもイワシの群れがドバーッ!圧巻でした。沈船ではネンブツダイの群れとのコラボも!2種類の魚たちのショーを中層にフワフワ浮きながらしっかり堪能しました。
また、前回の熱海ダイビングでみつけたクダゴンベ、改めて探してみると今回も見つけました!なんとなくいる場所もわかってきた気がします。
一方、ビタガ根では今回もコブダイが登場、子供のコブダイでしたが、近くで見ることができました。また、大きなマダイがイワシの近くで悠々と泳いでいました。





与那国ツアー3日目,4日目,バラクーダ登場の300本記念

2021年5月22日(土)と23日(日)の報告

ツアー前半の様子はコチラから

水温:27〜28度
透明度:計測不能

3日目はダイビング最終日
1本目から300本記念ダイビングでした。
ポイントは「西崎(いりざき)」大物ポイントです。伊豆なら神子元に相当するポイントで超ドリフトダイビングをします。ドリフト距離およそ2km!30分のダイビングでそれだけ移動しますから時速4km、人間が早歩きするくらいのスピードです。「なーんだそんなもんか〜」と思った方!超甘いです。一般ダイバーのフィンキックはおよそ時速1.8kmですから、時速4kmだとフィンキックが上手なダイバーがどんだけ頑張ってキックしても絶対に逆らえません。その流れの中で根待ちしていると泡はこんな感じです。



横に流れていくのがわかりますよね?
そんなポイントで300本記念、サメちゃんやイソマグロがお祝いしてました〜

おめでとうございまーす!!!

2本目は「久部良バリ」へ
1本目の大物狙いとは打って変わってマクロものも狙って!普通は水深40mは潜らないと出会えないシコンハタタテハゼを水深30mよりも浅い場所で見れました。また珍しいアオマスクまで!

3本目は「赤土」へ
ここも大物ポイントで狙いはバラクーダ(オニカマス)の群れ!ひたすら流されまくっていると…いた〜っ!!!



大物の群れは見ごたえありますね〜
西崎や赤土はドリフトしている間は結構な時間、ブルーウォーターダイビングになります。ブルーウォーターダイビングとは青一色のダイビングのこと、見えるのは青い水だけ…流れもありますから上級ダイバーだけが味わえる至福の時間です。



↑ブルーウォーターダイビング
気持ち良いですよ〜
皆んながこんなダイビングができるようになってほしいなぁ〜

ちなみにここではツナも登場!



ツナ=マグロですね。正確にはイソマグロです。

他にもたくさんの生物たちに出会えました。
そうそう、陸上でもお馬さんだったり、ヤギだったり、ニワトリだったりカメだったりといろんな生物に出会えました。

やっぱ与那国はたのしい〜

最後に写真をまとめてどうぞ!





与那国ツアー1日目,2日目,サメにマグロ登場の700本記念

2021年5月20日(木)と21日(金)の報告

ツアー後半の様子はコチラから

日本の一番西の島、与那国島に来ています。

ダイビング初日は3本潜りました。
700本目の記念ダイビングのお客様もいらっしゃいました!
おめでとうございます!!!

たくさんダイビングして、南国の心地よい風にあたって、眠くなって、オリオンビールと泡盛を飲んでます。
酔っ払いですので、写真と動画のアップで勘弁してください。
明日も大物狙ってダイビング!!!!






平日貸切熱海ボートダイビング,サプライズ生物登場

2021年5月18日(火)

熱海でボートダイビングしてきました。

水温:18度
透明度:8〜10m

1本目は「沈船」へ
潜降直後にサプライズ!
沈船の船首付近のソフトコーラルにクダゴンベ発見!沈船でクダゴンベを見るのは初めてです。ソフトコーラルに住むクダゴンベ、ソフトコーラルがまばらな場所に住みつけば探すのも楽なのですが、沈船の特に船首付近はソフトコーラルがたくさーん!次に行った時には探せる気がしません。ホントにサプライズでした。
他にも潜れば必ずと行って良いほど遭遇するヒラメにも会えましたし、ネンブツダイの群れは圧巻の数でした。

2本目は「ビタガ根」へ
ここでは潜降後10分でサプライズ!
透明度の関係で写真は撮れませんでしたが、大きなコブダイが出現!コブが大きいオスの成魚です。体も白くて見応えありましたが、更にもう1匹同じくらい大きなオスのコブダイが登場!見応え十分でした!写真撮りたかったなぁ〜
他にも根の先端にあるイソギンチャク畑周辺ではシラコダイの群れがいたり、根頭には大きなマダイが数匹回っていたりと楽しめました。





砂地に魚を集める漁礁作り,イソギンチャク移植の準備

2021年5月17日(月)

この日は時間を追うごとに雨が降ってくる予報、早めにダイビングしようと岩へ。
ファンダイビング半分、リフトバックを使ったハイパー漁礁作り半分、みっちりダイビングしてきました。

水温:17度
透明度:8m

たまに大きなウネリ波がよせるコンディションでしたが、経験のあるお客様でしたので問題なくエントリー&エキジット、水中に入ってからはまずリフトバックを使って石運びをしました。今回のお客様がものすごく頑張ってくれて大きめの石を運ぶことができました。

この夏にはイソギンチャクを移植します。
準備ができてきました。

生物はこれまた大きめの、いや最大級のヤマドリやアオサハギに出会いました。
また、いつものダイビングではなかなか行かない場所へ、明らかに魚が多くて興奮しました。




ダイビングに復活のリフレッシュコースとホバリング練習

2021年5月16日(日)

ダイビングリフレッシュコース(スクーバスキルズアップデート)とホバリング練習を兼ねたファンダイビングで岩へ行ってきました。

水温:17度
透明度:10m

ホバリング練習コースはザキちゃん担当
以前習い、その後の毎回のダイビングで使っているハズのホバリングですが、大川が見ていて上手くいっていないなぁ〜と思っていておさらい練習を提案しました。実際にやってもらうとやっぱり上手に出来ない、お客様ご自身でもどうやったら上手にできるか真剣に考え始めたようで、質問もバシバシしてました。
今日の練習を今後のダイビングに活かして下さいね。

一方、大川はスクーバスキルズアップデートコースを担当、最初は限定水域で呼吸&中性浮力練習から。ここにけっこう時間をかけました。すると終わった後にお客様から「最初緊張したけど途中から安心して潜れた。呼吸で浮力調整することがよくわかった」と嬉しいお言葉を頂きました。

ちなみに皆さん下の動画2つを見比べてみて下さい。
一見上手に出来ているように見えるフィンキック、でも要改善なキックです。
もう1つは改善後のフィンキックです。
どこが違うか?
わかりますか?

6月末までリフレッシュダイビングキャンペーン実施中です。
暫くダイビングから遠ざかっている方、お気軽にご参加ください。
詳しくはコチラから。






123

« 2021年4月 | メインページ | アーカイブ | 2021年6月 »

コース

お問い合わせはこちら

PAGE TOP