カテゴリ

HOME > 日記 > ダイビング日記 > 梅雨,明けましておめでとうございますダイビング

日記

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

梅雨,明けましておめでとうございますダイビング

2020年8月1日(土)

梅雨、明けましておめでとうございます!
今年の夏も宜しくお願いいたします。

そんな良いお天気の今日
磯遊び教室が開催される関係で、ダイビングも琴ヶ浜で行いました。
磯遊びの様子は、また今度アップしますが
懐かしいあの方達が参加してくれましたよ〜



今日ご参加いただいたお客様、前回ダイビングは2月と3月
やっとカムバックできましたね!
おめでとうございます!
これからもよろしくお願いしまーす!!

そんなカムバックダイブですが、長梅雨の影響でなかなかの透明度キープ!
水面は2mです。。。
でも水深8mくらいからスッコーン!下は15mでした。
このギャップにはシビれましたね〜
ちなみに水温は21〜25度、夏本番になってきました!
そんな中、カムバックダイブを歓迎してくれたのはミノカサゴ

 



一応お伝えしますと、↑ミノカサゴは毒のある魚です。
仲良くはしてくれますが、まぁソーシャルディスタンスでいきましょう〜

そして他には久々の登場、クロアナゴやオキエソ、シロギスの群れなどなどを見てきました。


更にホラーなこの方も↓

この写真撮っていたら、なぜか顔面から倒れたので
大川は迅速に救急法を行い、蘇生させました(笑)



ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。

カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

オープンウォーターダイバー,余裕の2回目プール実習

2020年8月2日(日)

Cカード取得(オープンウォーターダイバー)コースの2回目のプール実習を行いました。
通常他店では1回のプール実習をドルフィンアイズでは2回行っています。
当たり前のことですが、2回にすることで練習がたくさんできますし
言い換えれば、じっくり落ち着いて練習できますから、ダイバーになった時から海中を楽しめるダイバーになれます。
また、ドルフィンアイズ独自システムのプール実習①→海実習①→プール実習②→海実習②で講習を進めますから
少々難しい内容の2回目のプール実習でも経験を積んできてますので、楽に受講練習をすることができます。

更に今回のお客様は、海実習①とプール実習②の間にファンダイビングを入れましたので、経験値が更にアップ!
今回のプール実習②はかなり余裕でした。

では水中BC脱着の練習の様子をどうぞ!




続いて、ホバリング練習の様子です!



もちろんどちらも完璧ではありませんが、練習し始めて2回目か3回目くらいの様子です。
水中に慣れてきていることはよく分かります。
やはり、ダイビングは水中にいる時間の長さも、スキルアップの条件の1つなんですね。
SSIの提唱する「ダイバーダイヤモンド(=光り輝く素晴らしいダイバーになる4条件)」は「知識、スキル、器材、経験」
今日はスキルと経験をたくさん見につけて頂けたと思います。
ちなみにこのお客様はウエットスーツ以外はMy器材です。(ウエットは製作が間に合いませんでした)
となればダイバーダイヤモンドの3条件を揃えつつありますね!
じかいの海洋実習②もきっと楽しめるはずですよ!
お疲れ様でした。




ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。

新しい楽しい「魚との遊び方」ダイビング,福浦にて

2020年7月30日(木)

コロナと諸事情重なり7ヶ月ぶりのダイビングとなったお客様
こんなにブランクになるのはダイビングを始めてから初めて
今まで毎月のようにダイビングしてきたので、ある程度体が覚えていますが

油断は禁物!

今回も1本目はゆっくりと水の感覚を思い出すようなダイビング
2本目は基本スキルをおさらいしながら、攻めのダイビングをしました。

ポイントは福浦です。
なかなか終わらない梅雨の影響もあり透明度がとんでもなく落ちている今日この頃
浅場は透明度2mなんてザラな話
でも福浦は

透明度:8〜10m
水温:21〜22度


とナイスコンディションをキープ!これは素晴らしい!
素晴らしいのは生物も素晴らしい!
今年初の南国からの使者「ハタタテダイ」が4匹、超可愛いサイズです。




これからもっともっと増えてくれると嬉しいですね〜

そして面白かったのはニジギンポ
どこにでもいる魚ですが、空き缶など狭いところに住み着く習性があって
頭だけ出してこっちを見る姿はとっても可愛いです。
福浦では鉄パイプで講習用バーを設置してあるのですが、そのパイプと言うパイプにニジギンポが住み着いています。




ダイバーの指のタイミングに合わせてコケギンポが上下に!
これは新しい楽しみ方です。

そしてマダコが恋の季節を迎えています。
今回はメスダコの気を引こうとアピールするオスダコを見ることができました。
メスは巣の中に入ってオスを伺う、オスは腕を伸ばしてアピールする
写真では腕を引っ込めちゃいましたが、穴の中のメスと外にいるオス、かわりますか?
擬態上手のマダコたち、クリックして写真を大きくして探してみてね。

無事産卵してくれると良いですね。

産卵といえば、ネンブツダイやクロホシイシモチも絶賛産卵中
産卵直後にオスが口の中に卵を入れ、飲まず食わずで口内保育します。
アゴが出っ張っていれば卵を咥えている証拠
今度ダイビングで探してみてね。
今回は産卵直前と思われるペアに遭遇しました。
夕方に近づくと産卵を促すように震えますが、その前段階です。



イシモチの仲間は既に稚魚が産まれて群れを作っている場所もあります。
夏の海!活気のある海になっていきますよ!

そして、2匹のエイにも遭遇、ヒラタエイです。




その他、クマノミやミツボシクロスズメダイ、穴子の仲間モンガラドオシ、タツノイトコ、サツマカサゴ、サキシマミノウミウシ、コケギンポ、越冬したヘラヤガラ、サンガの間にサンゴガニなどなど
充実の2ダイブでした。


ハンマーヘッドシャークの群れに出会った夏ダイビング

2020年7月26日(日)

お客様のリクエストで急遽決まった神子元(みこもと)ツアー
最近ハンマーヘッドシャークが出没中
それを狙って行ってきました。
1本目は水温がコロコロ変わる状況、更に透明度も落ち気味で撃沈でしたが
2本目には水温も安定、流れは強め、コースも変更
根の上で待つこと10分

きました!

まずは単体のハンマーヘッドシャークが2匹
でも結構近くを泳いでくれたので迫力がありました。
その後、少しずつ移動し、最終的には群れに遭遇!

参加者全員が見ることができました。
この興奮シーンを見ることができるのは「スキルを磨いた上級者のみ」
参加者全員を褒めてあげたいです。



大瀬でコンピュータコース,まさかの格好でダイビング

2020年7月25日(土)

コンピュータスペシャルティとファンダイビングで大瀬に行ってきました。
大瀬、緊急事態宣言が発令される前日の4月6日に行ったきりです。
もう、4ヶ月近く経つんですね〜
今年は今まで以上に時が経つのが早い気がします。

水温:19〜23度
透明度:1〜20m

↑とんでもないでしょ?
湾内の浅場、足のつく水深はぎりぎり足が見える程度、いやフィンの色がわかる程度と言った方が良い状態
水温は暖かく23度
ゴロタの下で透明度は5m弱
水深12mあたりでサーモクライン発生!
その下は透明度8mくらいにアップするも水温19度!
めまぐるしく変わるコンディションの中、生物は人気者ばかり
カエルアンコウ、ピカチューウミウシ、ウミテング、ネジリンボウ…
見るもの見て楽しめましたよ。

外海はというと
透明度は浅場で8m、深場で20m!←ちょっと言い過ぎ?でもそんな感じのする水でした。
でも水温は湾内と同じで19〜23度
綺麗なところはしびれるぜ!

そんなコンディションの中、なんとロングジョンで潜るお客様

ロングジョンとは?
腕はノースリーブ状態、足はくるぶしまでの形のウエットスーツのこと

もちろん水温が高い時に着るスーツです。
ダイビング後、さすがに寒かったと言っていました。

2本目もロングジョンでダイビング
てっきり2本目は2ピースになるかと思ったんですが、大川が甘かったですね(笑)

凄いお方だ。
これからはジョンさんと呼ばせてもらいます。

あまりに衝撃的だったのでコンピュータスペシャルティのことを書き忘れるとこだった。
コンピュータの使い方、計算の考え方、そして体内窒素の移動がどうなっているかを感じていただきました。
ダイブコンピュータはうまく使えば物凄く有能な器材ですが
使い方を間違うと危ない器材にもなります。
このスペシャルティはそんな要点をつく内容となっています。

お疲れ様でした。


初めてのファンダイビング,透明度upの岩

2020年7月24日(金祝)

岩へ行ってきました。
梅雨の大雨でダイビングポイントはどこもかしこも透明度ダウン!
水がグリーンで春濁りのよう…
岩も朝の情報では透明度4m…「まぁ仕方ねぇや〜」感覚で行きました。

到着して港の水を見てみたら
あれ?
ホントにそんなに悪いの?

潜ってみればあれれ?

透明度:8m
水温:23度

なになにこのサプライズ〜
ウキウキなダイビングでした。





本日ご参加いただいたのは先日Cカードを取得したばかりのお客様と、そのお客様をご紹介いただいたお客様
初めのファンダイビングで、Myフィン、Myコンピュータを使ってのダイビング
そして初めての強めの潮流も経験しました。
こうやってどんどん経験を積んで素晴らしいダイバーになっていくんですね!


ダイビングではもちろん、2人でバディを組んでもらいました。
基本、バディまかせのダイビング、息のあったところを見せていただきました。




お店に帰ってきてからはウエットスーツの仕様決めをしました。

2ピースで暖かく、ロングファスナーで楽々仕様
次回ダイビングがまた楽しみになりますね〜
お疲れ様でした!

コース

お問い合わせはこちら

PAGE TOP