カテゴリ

HOME > 日記 > ダイビング日記 > 50回記念ダイブとMyドライデビューとメスティンなダイビング

日記

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

50回記念ダイブとMyドライデビューとメスティンなダイビング

2020年11月9日(月)

ちょっと報告が遅くなってしまいました。スイマセン。。。
50本記念ダイビングを迎えるお客様と、Myドライスーツデビューのお客様を含めた総勢6名で久しぶりの井田へ行ってきました。

水温:21〜22度
透明度:6〜10m

記念ダイビングのお客様、最近は月に2回程度ダイビングにお越しいただいているペース、12月に受講予定している救急法を修了すれば、マスターダイバーに認定となります。
水中で広げる記念フラッグは「フウセンウオ」柄、ダンゴウオのカワイイ親分みたいな魚です。カラフルに仕上げさせていただきました〜

おめでとうございますっ!!!

そしてこの日は初めてのMyスーツデビュー、それも初めてドライスーツを着ます!
Myスーツって自分の分身のようなもの、そしてフルオーダーですから自分の好きな色で着れてとっても気持ちが良いです。
ドライ講習を行いましたが、初めてドライを着たとは思えないくらい上手にダイビングできました。
でも、まだまだ練習が必要なことも、これからどんどん練習して慣れて行きましょう!

ちなみにこの日、休憩中に今話題の「メスティン」でご飯を炊きました。
知ってますか?メスティン!
簡単に言えば「オシャレ飯ごう」です。
お客様がご持参したものですが、大川は興味津々で見させてもらいました。
ドルフィンアイズでも欲しいなぁと思いましたが、人気ありすぎで只今欠品中のようですね。






ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。

カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

初記録!チンアナゴが登場の福浦でダイビング

2020年11月13日(金)

「13日の金曜日」ドキドキするホラー映画は丁重にお断りする大川ですが、今回は別の意味でドキドキのダイビングでした。
それはもしかすると神奈川は初記録?となるチンアナゴを狙うため。
いままでチンアナゴといえば沖縄や海外ツアーで出会う可愛いニョロニョロみたいな魚
ポイントは福浦、期待を込めてレッツダイブ!

水温:21度
透明度:8〜10m

福浦に到着してみるとダイバーはドルフィンアイズチームだけ、これはラッキー!
サービスさんから場所や生物情報をレクチャーしてもらい、いざダイビングへ
すると…




いや〜これば凄い!本当に見れちゃった!
以前から海が変化してきていることはお伝えし続けていますが、今年1番のビックリ変化です!!
ちなみにチンアナゴのまわりでフラフラしているこげ茶の魚はテンスの幼魚です。ずっと2匹仲良くコラボしているらしいですよ。

でも実は今の福浦、チンアナゴだけではないんです。
レア物、人気者のオンパレード!
では、見た順にご紹介して行きましょう〜


カミソリウオ

ヒトデヤドリエビ

イロカエルアンコウ

カエルアンコウ

ウミテング

オオモンカエルアンコウ

ムレハタタテダイ

ルリホシスズメダイ

本日のお客様

こんな感じです。
今回は見れなかった南の生物、まだまだいます!
ハイポテンシャルな福浦でした!



 
ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。

水中遺跡,ストーンピットコースを石橋で開催

2020年11月8日(日)

小田原界隈の海には水中遺跡があります。
例えば…

・関東大震災で沈んだ旧根府川駅@根府川
・日本で初めて設計された潜水艦@大磯
・割れて沈んだ砂利運搬船「旭16号」@熱海
・どこでもドア〜♫なドラえもん@江之浦

あっ最後は遺跡じゃないや。

そして今日は小田原の石橋
ここには江戸城の石垣用に切り出されたものの何らかの原因で沈んでしまった大きな石や、旗を立てるための石、側溝の材料と思われる石、石臼の石…など
石橋にはたくさんの人工的に切り出された石がたくさん沈んでいるんです。
現在では「水中考古学」と呼ばれ、石橋の海も研究が進んでいる最中なんですよ。

今回のストーンピットコースは石の切り出し方や見分け方、そして石を実際に探して見たり、陸上の遺跡をまわってみたりします。
今回はロープサーチテクニックを使い、自分たちで4つの切り出し石を発見しました!


↑門脇石:石垣の角に使われる石と思われる

ロープを使った探索テクニックを使って石探しを開始!



全部で4つ見つけました!
そして帰り途中、怪しい石を発見!
中央の正方形で10cmくらいの均等な厚みの石です↓


陸上では切り出された石垣用の石や、切り出し現場に行ってみました。

↑小田原に素晴らしく整備された石切場があります。隠れ家的な場所なのでほとんどの人が知らない場所です。

ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。

久しぶりの北川ダイブ,レアな生物が集中!南国な海でした。

2020年11月3日(火祝)

中木の予定でしたが西風が吹く予報でアウト!
久しぶりの北川(ほっかわ)へ行ってきました。

水温:23度
透明度:10m

大川も超久しぶりの北川です。
スタッフ皆様にご挨拶して海中の状況を聞くと「へーっ!」「おぉ〜っ!」の連続
以前から生物の多い海でしたが、さすがは「秋の北川」レアものオンパレードです。

クダゴンベ(細長くて網目模様の魚)
フリソデエビ(水玉模様のエビでハサミが振袖みたい)
ニシキフウライウオ(細長のモジャモジャした魚でヤギに擬態する魚)
ムレハタタテダイ(ザ南国な魚で背ビレがピーン…で群れる)

これらが半径8m以内にいました。
ガイドする方は非常に楽ですし、ご覧になるお客様も楽ですね〜
更にマクロだけでなく群れ!な魚もいっぱい!
そして昔からあったサンゴも大きく成長していました!

北川、すげー海です。






ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。

雲見の穴ダイビング,ナビゲーション勉強会

2020年10月31日(土)

Happy Halloween!
って言ってますが、その流れにイマイチ乗りきれない大川です。
そこでハロウィンについてちょっと調べてみたら「ヨーロッパのある宗教でこの日に先祖の霊が家族に会いに来る日とされている」とのこと。また「その霊と一緒に悪霊もついてきちゃうので仮装やたき火をして追っ払う」ことをしたのが始まりのようです。日本のお盆的なカンジなんですね。

さて、実はハロウィンの日は非常勤スタッフのザキちゃんのお誕生日、いつも頑張ってくれているので特別なバースディダイビングが出来ないかと考えまして、まずは潜りたいポイントを聞くと即「雲見」との回答
雲見に行くなら大川がよく通っている穴の位置やナビゲーションのポイント、ガイドのコツなど伝授する勉強会ダイビングにしようかな?とも考えたのですが、なにせこの日は特別な日…誕生日に勉強会なんて本人がしたくないって言うだろうな…と思いつつ一応本人に提案してみると、これまた即「学びます!」との回答がきました。

いいね!
教えるこちらも俄然ヤル気MAX!

そこに8月にダイブマスターになったタムちゃんも合流することになり、更にはいつもはお留守番の友香も一緒にダイビングすることが決定!
何重にも特別感のあるダイビングとなりました。

前日までに水中で使えるMAPを用意、当日行く車の中でブリーフィング、現地に着くと即準備、到着後30分後にはダイビングしてました(笑)

1本目と2本目は大川が水中で穴やガイドのコツを説明をしつつ、たっぷり45分ずつダイビング
追加の3本目はザキちゃん&タムちゃんでバディダイビング、2本潜って不明な点などを2人で洗い出しダイビングを計画、船の手配から何やらと全て2人だけでやってもらいました。
水中でも2人で相談、確認しあって潜ってましたよ。

ダイビングが終わっても2人で話し合いが続いてました。

そんな2人に感想を聞くと
「穴の場所を知ってから潜った方が断然面白い!」
「すごい勉強になって超楽しいダイビングだった!」
などなど…

これからのダイビングに役立つ1日になったと思います。

ザキちゃん、誕生日おめでとう!
これからもよろしく!


背ビレがピンと立っている魚、ハタタテハゼと言う南の魚です↑
伊豆の魚と南国の魚のコラボです。







ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。

秋晴れの海で見事ダイビングライセンスを取得!

2020年10月25日(日)

秋晴れで暖かな、そして穏やかな日、大瀬に行ってきました。

水温:22〜23度
透明度:8〜10m

大川はスクーバダイバーコースを担当しました。
今回の講習生さまはプール講習受講が9月の中旬にされた方、本当はもっと早く海洋実習する予定だったのですが、急なお仕事の関係で先に伸び…結局1ヶ月後になってしまいました。プール講習から間隔が空いてしまうとスキルは結構忘れてしまいます。そこで、講習生さまには「デジタルテキストのスキル動画を観る」事をお願いしていました。大川の言った事をしっかり守っていただいたようで、スキル手順はバッチリ!水中でも見事クリア!無事Cカード取得となりました!

おめでとうございます!

次回はオープンウォーターダイバーコースに進む事も決定!
これから更に楽しんでいきましょう〜

一方、ファンダイビング組はザキちゃんが担当
1本目は外海へ、2本目は湾内に潜りました。

帰りは貝殻亭で若干遅めのランチ
Cカード取得の講習生さまはもちろん初めての貝殻亭、大満足していただけました。




コース

お問い合わせはこちら

PAGE TOP