カテゴリ

HOME > 日記 > ダイビング日記 > 初夏の逗子でダイビング,NEWウエットスーツ&フィン,釣り糸回収

日記

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

初夏の逗子でダイビング,NEWウエットスーツ&フィン,釣り糸回収

2020年6月21日(日)

6月、初夏に逗子に潜ったのは初めてかもしれません。
いつもは渋滞やら透明度ダウンやらで真鶴や伊豆に行っちゃいますからね。
コロナのおかげで良い経験ができました。
初夏の逗子もなかなか面白い。水温が上がり始めてますからウミウシは少なめですが、魚影はたくさん!
タカベやマアジの子供など夏の魚の群れも出始めてましたよ。

また、今回はNEWウエットスーツでダイビングされた方がお二人
更に、今年発売されたゴムフィンにチェンジしたお客様がお一人
おめでとうござます!


ちなみにNEWウエットスーツ、1本目は二人ともツーピースでしたが
2本目はワンピースに。

寒くなかったから脱いじゃった!
でもシーガル(半袖のウエットスーツ)は寒くはないかい?

でも全く心配ご無用だったようで…
すごいお人だ。。。



水温:20度
透明度:8〜12m

今回は2本とも「オオタカ根」にエントリーしました。
大潮だったこともあり、少し流れがあって、サンゴの仲間のイボヤギが一斉に花開き
そのおかげで根の北側の絶壁を一面オレンジに染めてました。
また、その流れのおかげで根の東側はキンギョハナダイやスズメダイ、タカベやマアジが群れ
その下の岩には各種ウミウシ類がいましたよ。


さて話は変わりますが、大川は去年あたりからダイビング中に気になった釣り糸、釣り針を回収しています。
オオタカ根は魚がたくさん集まるので釣り客も多いんでしょうね。
たくさんの針と糸が絡まってました。もちろん全部とは行きませんが、たくさん回収しました。



少しでも環境に良いことのお役に立てればと思っています。

ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。




カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

県をまたいでの移動解禁!東京からダイビング!

2020年6月20日(土)

6月19日で県をまたぐ移動が解禁になりましたね。
だんだん自粛ムードがなくなってきて、元どおりの日常に戻るステップを登ってますね〜
本日は解禁を待ちわびたこの男が3ヶ月ぶりにダイビング再開!

久々の海水!
ウエットスーツでダイビングしてカラカラの体にたっぷり浸透してもらいました。

水温:20〜21度
透明度:6〜10m

水温は徐々に上がって来てます。
生物も夏の魚が徐々に出て来ました。
今日はハナハゼがいましたよ。
また、ネンブツダイやクロホシイシモチの口内保育が始まりました。
口内保育とは「口の中で卵を育てる」こと
この魚はオスが孵化するまでずっと口の中で育てるんですよ。

↑この写真のどこかに卵を咥えた魚がいます。探してみてね。

砂地ではアオリイカが産卵中
そして、新しく黄色いカエルアンコウが登場!

今年は多いですね〜
当たり年かも。

一方、ドルフィンアイズ魚礁も拡大中!
今日のお客様はハイパー筋肉な方なので、大きめの石を動かしちゃえ!
と言うことで

写真中央の大きな石たちのほぼほぼを10分ちょっとで運んじゃいました。
そろそろイソギンチャクを運んで来たいなぁ〜


ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。



衝撃の捕食シーン,弱肉強食の世界にダイビング

2020年6月15日(月)

昨日の午後から吹いた西風強風で岩はナイスコンディション!
岩は西風や南西風が強く吹くと、徐々に透明度が上がります。反面水温は下がるんですけどね。
予想通り透明度アップ!
そのくせ水温は変わらずでナイスコンディションでした。

水温:20度
透明度:12m

今日は珍しいシーンを2つ見ることができました。

では1つ目
ミノカサゴの捕食シーン
主役はこやつです。

通称「小林幸子」
この呼び名もちょっと古いかな?
この子が餌を狙って…アタック!
これは動画でどうぞ!



結果は…わかったかな?見えたかな?
ミノカサゴが餌を狙っているシーンはボチボチ遭遇しますが、アタックするシーンを見た記憶がありません。
あんな長い胸ビレあるのに、あの俊敏な動き、野生で生きていくには必要なスキルですね。

2つ目はクエがエビを捕食しているシーン

この写真では分かりづらいかも
写真をクリックして大きくして見てみてね。
エビの長い触角がびよ〜ん。。。
ハサミ足が無残。。。
でもこれが自然の摂理、弱肉強食の世界
人間の世界なんて甘っちょろい気がします。

そんな捕食シーンの近くにはカエルアンコウの子供が
正面で見るとおたふく風邪状態


まん丸な体が可愛いですね〜癒されます。

他には砂地でバラヒラベラが数匹
この魚、実はそんなに見ることのない魚です。
伊豆では見たことありません。でも岩にはボチボチいます。おもしろいもんですね。
今日は透明度も良かったので、たくさん、そしてしっかり見ることができました。


一方アオリイカの親は今日もゲット!
毎日ゲットしてます。運がいい!


シーラカンスちゃんも相変わらず多いですよ〜
黄色いのはあんまりいませんが、黒いのは群れてます。

この他にもコノハガニやヒラメ、カレイの仲間などみ色々見れました〜


My器材デビューとMyウエットデビューダイビングで岩へ

2020年6月14日(日)

コンディションが安定している岩へ行って来ました。

水温:20度
透明度:8〜10m

本日は2名のお客様で
お二人とも初ダイビング投入器材あり!

まずはウエットスーツ!
ワンピース+ハーフフードボレロの2ピース仕様です。

水温や気温によってボレロを着たり脱いだりして調整可能!
ロングファスナーが付いているので着脱楽々!
ボレロにグリーンのテープを付けたことで印象も変わって楽しい!
今日は気温もそれほど上がらず、初ウエットデビューにしては寒いかな?と思いましたが
寒がりなのにぜーんぜん寒くなかったようです!
よかった!

お次はMyレギュレータ&BC&コンピュータなどなど…のお客様

実は今までのレンタル器材では、水中でどうしても立ち姿勢になってしまい、結構苦労してました。
MyBCはウエイトポケットがあるので、腰のウエイトを分散することができるようになりました。
結果、今日のダイビングでは水平姿勢が楽にできるようになりました。
中性浮力も取りやすくなったようです。
よかった!

昨日に引き続きアオリイカの親がいたり、ハナアナゴにも遭遇しました。
また、昨日とは違うカエルアンコウにも出会えましたよ。
綺麗な子で可愛かったです!

水中ではお二人ともそれぞれ強化したいダイビングスキル練習をたくさんできました。
とても上達しましたよ!
その調子でいきましょう!
お疲れ様でした!


ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。



アオリイカ,団体様で産卵中!シーラカンスちゃんも登場

2020年6月13日(土)

ダイビングリスタート後初の岩へ行って来ました。
久しぶりに岩スタッフとの再会、相変わらず楽しい方々でした。

水温:20度
透明度:8m

水面はべた凪→さざ波
水中は若干浮遊物はあるものの、春濁りは過ぎ去った!と言う感じです。
大川はダイビングリスタート後、基本ウエットスーツで潜ってますが、気持ちよくダイビングできてます。
もちろん「あったけ〜」とまではいきませんが、ダイビング終了近くで若干冷えるなぁ〜くらいです。
皆さんの体やお使いの器材にもよりますので、ダイビング前日にドライかウエットか迷ったらお気軽にご連絡くださいね。

さて、ダイビング前にサービススタッフから得た情報では「アオリイカは卵はあるけど親は見ない」とのこと
まぁそれはそれで仕方がない。
赤ちゃんイカでも見に行きましょうかね〜
卵の中には形がイカっぽくなって来た赤ちゃんの姿が。
そして、卵の周辺には産みにやって来る親アオリイカを狙ってコヤツが陣取ってました。

上の写真の中にこちらを伺っているヤツがいますよ〜
わかりますか?
わからない方は写真をクリック!拡大して探して見てね!
しばし撮影した後移動しようと思ったら、なんと!

親!いるじゃん!!



全部で5〜6ペアはいました。
全く期待していなかったのでまさにサプライズ!
しばし、産卵ショーに見とれてしまいました。

イカ以外はと言うと、久々にシーラカンスちゃんに出会いました。

ね?シーラカンスでしょ?
シーラカンスちゃんと言うと、本気であのシーラカンスだと思う人がいますが
もちろん冗談、いや愛称ですね。
正式にはクロイシモチと言います。
黄色くてもクロイシモチ、伊豆にはあんまりいないんですよね〜
でも真鶴には意外といる魚です。

そしてエキジット寸前にこんな可愛いヤツにも会いました。

カエルアンコウちゃんの子供、水深3m
ウネリがない日でよかった〜

他にも綺麗なヤマドリと出会ったり

お腹に卵を抱えたショウジンガニやトゲアシガニにも出会いました。

そうそう、岩と言えば気になるのが「ドルフィンアイズ魚礁」
その後どうなったのか?

こんなに海藻が生えてました。
魚達の良い隠れ家になっててくれると良いのですが?
住み着いている生物を探してみると、定番のサラサエビ、クツワハゼがいました。
更に探してみると、岩の隙間からオレンジ色の物体が!
これは!

奥の方にいたので、写真に収めるのが一苦労
やっとの事で撮影したのがこの1枚
ヒメセミエビだと思います。小型のエビです。
夜の間に砂地を渡って魚礁まで来てくれたんですね〜
住み着いてくれるといいなぁ〜
魚礁をより頑丈なものにするために、今日も石を追加
魚礁はダイビングするたびに大きくなって行きます。

ランチはイタリアンレストランマコへ
マコちゃん、元気でした!
これまたよかったです。

ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。




福浦でアオリイカの産卵ダイビング!ウエットスーツも製作

2020年6月7日(日)

岩予定でしたが、北東(ならい)風予報だったので福浦に変更!
アオリイカがたくさんとの情報あり
産卵シーズンの到来です。

水温:20度
透明度:5〜6m

透明度は昨日と同じく落ち気味
でも、水温はじわじわ高くなってきて、ウエットでも気持ちよくなってきました。
久しぶりの福浦
サービスには次亜塩素酸ナトリウムの水槽が用意され
レギュレータやマスク、スノーケルの消毒ができるようになっています。
最後は流水で洗えばOK!そんな感じです。
陸上各所には消毒液も配置されていました。

水中では2ヶ所設置されているアオリイカの産卵床に行ってみました。
2ヶ所ともアオリイカがやって来ていて産卵ショーを見る事ができました。
目の前にやって来る大きなアオリイカは迫力でしたよ〜



お店に帰って来てからはお客様2名のウエットスーツの仕様決め
2着目の買い替えウエットスーツです。
どんな使い方がお好みか?
着る期間は?
など色々お聞きしてベストな仕様を決めて行きました。
次回のダイビングまでには完成する予定!
次が楽しみですね!


ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。





コース

お問い合わせはこちら

PAGE TOP