カテゴリ

HOME > 日記 > ダイビング日記 > 更にダイビングと営業再開への準備を進めています。

日記

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

更にダイビングと営業再開への準備を進めています。

2020年5月25日(月)

どうやら緊急事態宣言が解除となりそうですね。
ただ、神奈川県はまだ基準を上回っている状態です。
解除後も県外移動など不要に動き回ることが憚られる状態が続きそうです。

「伊豆にダイビングに行く」ことは不要なことなのか?
「県外からダイビングに来る」ことは不要なことなのか?

ダイビングスクールとしては決して不要なこととは思っていません。
神奈川県内では開催できない講習もあります。
神奈川ポイントにダイビング予定していたものが海況不良で全滅
こうなったら伊豆に行くしかありません。
伊豆に行くならダイビングを中止すると言うことはしたくもありません。
また、ウチのお客様は神奈川県内の方ばかりではありません。
県外のお客様はダイビングに行くことすら許されないのか?

お店もお客様も今まで自粛を頑張って来たんですから
趣味のアウトドアを楽しんでも良いはずです。

…あくまで感染拡大を助長させない範囲で…

解除となっても直ぐには今まで通りと言うことにはならなそうですが
これが守られていれば良いのではと思っています。

最終的に今晩出される政府からの正式発表を聞き、ドルフィンアイズとして再開方針を決めます。
公式LINEアカウントに登録いただいている方にはそちらでもお知らせする予定でいます。

早くダイビングしたいですね。
大川も約1ヶ月半のブランクダイバーです。
皆さんブランク同士の再開(再会)を楽しみにしています。

さて、前置きが長くなりましたがダイビング再開の時に
ダイビングに伴う感染リスクについての理解と同意をして頂く必要があると思ってます。
今までとまったく同じ行動すると感染リスクが高まってしまうからです。

こんなことに気をつけてね!
こんなことはしないでね!
こんなことに協力してね!

そんな書面を作りました。
また、ダイビングに参加する今の健康状態を確認する書面も作りました。
お手数ですが次回ダイビングの時にご記入をお願いすることになります。

そして、消毒ですが「次亜塩素酸水」を入手しました。
次亜塩素酸ナトリウムが有名ですが、用意したのはナトリウムではなく「水」の方です。
次亜塩素酸ナトリウムは簡単に言えば漂白剤を薄めたもの人体に使うことはできません。
一方、次亜塩素酸水は簡単に言えば塩水を電気分解したもので人体に無害な液体です。
ウイルス不活性化効果も報告されている素晴らしい液体です。
この次亜塩素酸水をお店、車、更にはダイビング現場にも持っていけるように準備しました。

しかしこの素晴らしい液体、欠点もあって「だんだん効果が薄れてくる」こと
特に紫外線に弱く、明るいところに置いておくと、どんどんただの食塩水になってしまいます。
そこで紫外線をなるべくあてないようにボトルにアルミ箔を貼りました。
ただのアルミ箔では味気ないのでプリントされたオシャレ?なやつを巻き巻き、それも結構頑丈に!
破けてしまっては意味がない!
更にテープでぐるぐる巻きにして補強完了。

皆さん、これを見かけたら次亜塩素酸水ですよ。
人体に無害な消毒液です。
お見知り置きを!!!




カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

大瀬でダイバーになるコースを開催 ※自粛前の記事です※

2020年4月6日(月)

※ご注意下さい※
この記事は緊急事態宣言が出される以前の4月6日(月)のものです。
4月7日(火)以降はダイビングを自粛しています。

結果的に4月最初で最後のダイビングになってしまったこの日
オープンウォーターダイバーコースの海洋実習とファンダイビングで大瀬に行ってきました。

まずは報告!
今年は「春濁り」来ました!!

春濁りとは?
「冬に育った海藻類の繁殖が終わり崩れて海中に溶け出していくことで、海中が緑色になり濁って透明度が落ちてしまうこと」
これだけ聞くと「えー、ない方がいいじゃん」と思うかもしれませんね。
でも溶け出した海藻は植物プランクトンとなり食物連鎖の根底となります。底ができれば健全な食物連鎖ができ、海が豊かになっていきます。春濁りがしっかりとあった年の夏は魚が超いっぱい!楽しいダイビングが出来ます。
実はここ2年くらいは春濁りらしい春濁りがありませんでした。
なので夏もちょっと寂しい感じ…
でも今年は期待できるかもよ〜

今回は初めて春濁りを経験したダイバーが2名いました。
エキジットするなり「見えませんね〜」と言っていましたが
この日は良いとこなら8m見えてましたからまだまだ見える方
「こんなもんじゃないよ〜もっと見えないの経験できると良いね〜」
とお伝えしました。

水温:16〜17度
透明度:〜8m

そんな中、ファンダイビングでは1本目は外海でドリフトダイビング
門下から入って2つ隣の大川下でエキジット
激しい流れではありませんでしたが、久しぶりのドリフトは楽しかったです。

2本目は湾内へ
透明度が落ちているときはマクロダイビングですね。
と思っていたら、これはレア!
イバラタツ、タカクラタツのタツコンビがいました。
また春を告げるカニ、ミズヒキガニも大小いました。

講習はオープンウォーターダイバーコースの海洋実習
前回の限定水域実習でたくさん練習しておいたので今回はいたってスムーズ
全スキルしっかりこなしてましたね。
そして見事Cカードゲット!
晴れて認定ダイバーの仲間入りです。
おめでとうございまーす!

これから更にスキルアップしていろんなところでいろんなダイビングしていこうね〜

そして今回ドローン映像があります。
大瀬の空からの景色をぜひお楽しみ下さい。






田子で外海と内海ダイビング

2020年3月23日(月)

昨日まで吹き荒れた西風爆風が過ぎ去って、東寄りの風に変わったので西伊豆の田子へ行ってきました。
1本目は外海のフトネに
1本目は内海の白崎でダイビングしました。

水温:16度
透明度:10m

ウミウシ、豊富です。
細かく探せばかなり小さい個体もいるようですが
最近いろんな意味で「目が〜目が〜」な大川はそれはパスして熱帯系探し
3月の伊豆の海に黄色に黒点のチョウチョウウオ、トノサマダイ発見
と言うかあちこちで見つけられます。
伊豆の海の熱帯化、コロナ並みに深刻かも。


ダイビング緊急時の練習とダンゴウオのマニアックダイブ

2020年3月21日(土)

オープンウォーターダイバーコースの限定水域(海のプール)実習とファンダイビングで岩へ
総勢9名で行ってきました。
ファンダイビングはこの季節ならではの「ダンゴウオの子供」を狙って!
岩ダイビングセンターでは「だんご祭り」が開催中です。

大川が担当したのはオープンウォーターダイバーコース
俗に言うダイビングライセンス取得コースです。
今回は2回目のプール講習、とは言っても海の浅いところで行う「限定水域実習」です。
実習内容は主に緊急時の対処方法です。

エア切れでバディから空気をもらって浮上する方法
エア切れでバディからもはぐれた場合の浅場からの浮上方法
エア切れでバディからもはぐれた場合の深場からの浮上方法
マスク(水中眼鏡)が外れてしまった場合の移動方法
水面で流されてしまった場合の対処方法
などなど

他にもありますが、他店ではさらっと終わらせてしまう内容ですが
当店ではじっくり練習して体で覚えてもらいます。

たくさん練習しました。
そして上手になってきました。
ペーパーテストも高得点をマーク!
次の海洋実習でコースが修了です。あと少し頑張って行こーっ!

一方、ファンダイビングは山崎が担当
今回はマニアックな魚、ダンゴウオが狙いなのでガイドさん大変!
ダンゴウオ、それも子供なので超小さい、体調は2〜3mmくらいです。
そんな小ささの物を探すのは陸上でも大変なのに、海の中で探すわけですからね。
しかし山崎ガイド、やってくれました!

全部で4個体ゲット!
それにしても小さいので、ダイバーみんなで見ていると

↑こんな感じになっちゃう(笑)
マニアックな光景です。この時は中性浮力も何もあったもんじゃ〜ないですね。
でも、これはこれでちょっとしたスキルが必要、砂を巻き上げたら写真がうまく撮れませんからね。


実際にゲストを連れてダイブガイドトレーニング,大瀬

2020年3月20日(祝金)

冬休み、超リフレッシュさせてもらいました!
今回は国内各所を新車でまわり、走った総距離1700km超
全部ワタクシ大川あが運転しました。いや〜楽しかった!

冬休み明け1発目のダイビングは大瀬へ、ダイブガイドコースのガイドトレーニングです。
今回は、ファンダイビングでご参加のお客様もいたので
ご了解をいただきお客様役としてトレーニングに同行してもらいました。

今回は実際のダイビングガイドが行う仕事を手順を追って1つ1つ実習
まずは現地サービスで情報収集、その情報の中から参加されるお客様の希望にあったダイビングを計画し
ブリーフィングをしてガイド、ダイビング終了後はディブリーフィングをします。

陸上でも水中でもどんどん指導させてもらいました。
その度に真剣にメモを取ったり、講習生同士でディスカッションしたり…
その楽しくも真剣な眼差しに大川の指導もどんどん熱が入りました。

そして…熱が入りすぎて集合写真撮影をすっかり忘れました。
あはは。。。

着実に上手になってきたと同時に、次への課題も見えてきました。
どんどん成長して、指導が楽しみになる講習生たちです。






スーパーディープダイビング講習で大瀬の先端へ

2020年3月8日(日)

水深18mよりも深い場所でダイビングするのことを「ディープダイビング」と言います。
他団体のアドバンス講習では水深18mよりも若干深いダイビングを経験させて講習を修了させていますが
SSIのディープスペシャルティでは3回のディープダイビングをすることが必須になっています。
1回目:18m〜24m
2回目:24m〜30m
3回目:30m以深
さすがに3回のディープダイビングを1日でやるのは体内に溜まる窒素の関係でリスキー
ドルフィンアイズでは2日に分けて講習を実施しています。
今回はディープスペシャルティ2日目、水深30mを超えるダイビングをしました。
ポイントは西伊豆大瀬の「先端」
急傾斜なので簡単にディープダイビングできますし
キンギョハナダイやソラスズメダイの群れが圧巻!
更に今回は大きなムレハタタテダイの群れに出会えました。
3月に、この大きさの、大きな群れのムレハタタテダイは初めて見ました。
また、ツキヒガイと言う面は茶色、裏は白の帆立貝みたいな2枚貝が泳ぐシーンも見れてラッキーでした。

2本目は外海の「一本松」へ
更にディープダイビングの経験を積んでもらいました。

話は変わりますが、先日からSSIの新システム「デジタルログ」の運用を開始しました。
これ使えば使うほど楽しくなるアイテムです。
自動で承認レベルが上がりますよ。
見た魚やデータ入力も簡単です。
皆さんにもダイビングに来られた時にご紹介しますね〜


コース

お問い合わせはこちら

PAGE TOP