カテゴリ

HOME > 日記 > ダイビング日記 > 夢はトラック環礁でレック,ダイビングライセンス取得コース&自主練習

日記

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

夢はトラック環礁でレック,ダイビングライセンス取得コース&自主練習

2020年9月20日(日)

ダイビングライセンス取得コースが始まりました。
本日は1日目、学科&プール実習です。
お客様の夢は「トラック環礁でレックダイビングをする」こと
その夢への第1歩です。


学科ではテストが満点でした!
よく勉強して来ていましたね!!
素晴らしい!!!

プール実習では、初めてのフィンキックに手こずりましたが、たくさん練習した成果が出て、最後はこんなに綺麗なフィンキックになりました。




上手になったお客様も嬉しかったでしょうが、大川も非常に嬉しかったです。
「これがインストラクターだ」と思える瞬間です。
こんな思いをさせてくれたお客様に感謝です。


あれ?
1人増えた?
この日は急遽タムちゃんが参加
大川が講習している横で自分のダイビングスキルを自分で見直し、足りないところ、下手と思うところを自主練習をしてました。
彼のこんな姿勢は素晴らしいです。
もっともっと上手になるアシスト、これからもしていきますね!


ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。

カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

3年ぶりでリフレッシュダイビング,ブランクダイバーから復活

2020年9月21日(月祝)

ドルフィンアイズでは1年に1回ご利用頂くお客様全員に「基本スキルおさらい」を実施しています。
今回のお客様はファンダイビング希望メールを頂いた、ドルフィンアイズ初めてご利用の2名様
事前にお二人にも「基本スキルおさらいになりますよ〜」とお伝えしたら快諾頂きました。
今回に限らずドルフィンアイズを初めてご利用頂く方に基本スキルおさらいの話をすると、100%「OK」を頂きます。
いやむしろ「お願いします」的なお答えをいただくことが多いです。
皆さん、ダイビングライセンス取得コースの時にスキルを習って、その後ほとんど練習する機会がないんでしょうね。
練習する機会を作ってあげるのもダイビングスクールの役割だと思っています。

さてそのお二人、お話を聞くと3年ぶりのダイビングとのこと

それに合わせた指導、実習をさせて頂きました。
1本目は結構エアを消費しましたが、2本目はそれも改善し、少し余裕さえ感じました。
ムレハタタテダイやミナミハコフグ、ネッタイミノカサゴなどいろいろな生物も見れましたよ。
良いリフレッシュダイビングになったようです。


↑クリックして大きくして見てみてね〜よく見るとあの魚が群れてますよ〜

一方、通常ファンダイビング組はザキちゃんガイド
そうそうこの日の福浦はナイスコンディション

水温:25〜27度
透明度:10m〜15m

潜っているだけでも気持ち良い海です。
更にはいろんな生物白押し
昨日発見されたという極小クマノミ


たくさんのミツボシクロスズメダイに混じって必死に泳いでました〜
そして、最近増えて来たのがミナミハコフグの幼魚
今回は少し大きくなったコと遭遇しました。


ナイスコンディションすぎるので、明日も福浦決定です。

ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。

限定エリアで4匹のハンマーヘッドシャークに会えた

2020年9月19日(土)

7月に引き続き、今年2回目の神子元ツアー
今回は風が強く波が大きい!島から離れてしまうとエキジットが厳しくなる為、島周りの限られたエリアでのダイビングとなりました。

水温:24〜27度
透明度:10〜12m(しろっぽさアリ)

エキジットエリアが限られるということは、ダイビングエリアも限られるということで、ハンマーさんに出会える確率も下がってきます。
お天気には勝てませんが、神子元が初めてのお客様もいてなんとか見せてあげたい(自分も見たい)

…で頑張りました!

1本目は1匹!
でも大川は見れたものの、ゲストからは見れず…

2本目は…




結構近くで全員見れました。
2本目は全部で3匹、合計4匹、全て単体でしたが、この日のコンディションでは上出来!




神子元ツアーはダイビングスキルが上達した方しかお連れできません。
上級者の海ですが、ココを目指してスキルアップする価値ある海です。
まだ行ったことのない方は、ぜひ目指してスキルアップしていきましょう!

次回の神子元ツアーは10月3日(土)に開催予定です。


ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。

イナダの群れに囲まれる,稚魚の群れに囲まれるダイビング

2020年9月14日(月)

東伊豆は東風、西伊豆は西風の予報
たまーにあるんですよね、こんな日
でも東風の方が風力弱し、で東伊豆に行くことに決定!
次にビーチかボートかで悩む
神奈川は川水の影響?で透明度ダウン気味、一昨日の土曜日は透明度1m?の岩で3本のトレーニングダイブしたばかり
浅場は濁りありか、でボートに決定!

熱海で潜ってきました。
お客様で熱海は初めてという方がいたので、基本の王道コースでダイビングして来ましたよ。

水温:25〜27度
透明度:5〜12m

1本目は「ソーダイ根」へ




浅場は濁り気味、水深15mでスコーンと抜けます。
潜降ロープ周辺にカンパチの群れ
そしてやって来たのがイナダ(ブリの子供)の群れ
僕らの周りをぐるぐるぐるぐる…
移動しても次から次にやってくるイナダ
そして目の前にはイナダに囲まれたイワシが…




これだけで大興奮でしたが、タカベの群れや、マアジの群れ、大きなマダコが体色を変えまくっていたり、大きなイラがクリーニングされてぼーっとしていたりと見所満載のソーダイ根でした。

↑ソーダイ根にはダイバー1人がくぐれる穴があります。

2本目は「沈船」へ
ソーダイ根よりも更に魚影が濃い?
群れの数がすげ〜っ!


種類も豊富
キンギョハナダイ、サクラダイ、ネンブツダイ、スズメダイ、スジハナダイ、タカベ…


いや〜
暖かいし、魚いっぱいだし、楽しいダイビングでした。



ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。

初めて本物のお客様をファンダイビングガイド

2020年9月13日(日)

諸事情で近場の海でダイビングを予定していましたが、その諸事情がなくなったので大瀬まで行ってきました。
大瀬湾内エントリー口は先月までまっ茶っ茶な水に覆われ、これが本当の「味噌汁」って感じでしたが、それもなくなり結構綺麗な状態に戻りました。
浅場こそ5m程度ですが、ゴロタ下(−7m)まで潜れば綺麗なもんです。

水温:27度
透明度:5〜10m

今日は先日ダイブマスター(ダイブガイド)に認定されたタムちゃんが、本物のお客様を連れての実践ファンダイビングガイドに挑戦
練習の成果を発揮し、満足いくガイディングができるか?

1本目はマンボウ下方面へ

先頭を泳ぐ姿…決まってますか?




1本目の狙いは「ニシキフウラウウオ」水中に沈んでいるボートにいるとの情報を元にLet's Dive!
結果は…


悩みつつ、もがきつつも見事成功!
良かったね!
その他にもオオモンカエルアンコウやコマチコシオリエビなどを見れました。



2本目は湾内正面エリアへ
このエリアは生物情報に乏しいエリア
でも、さすがは湾内、探せばゴロゴロいろんなものが見れますね!
まずはこの動画を↓




マツバスズメダイと言う魚ですが、カメラに向かって攻撃!攻撃!
なぜか?
実はこれを守っていたんです↓


クリックして拡大して見てみてください。
もう目ができてますね〜
じきにハッチアウト(孵化)です。
今まで守ってきた卵、その役目もあと少しで終わるって時にダイバーがやってきたわけですね〜
ごめんね〜ごめんね〜

また、ネジリンボウと珍しいヒレナガネジリンボウもペアでゲット!


他にもベニサンゴガニやクツワハゼの子供、ソラスズメダイの子供、スズメダイの群れ、シマアジの群れなどに会えました。

初めてのリアルお客様のガイド、初めてにしては上出来かな?
これからどんどん経験を積んで行ってくださいね〜

海はまだまだ夏!
季節来遊魚もどんどん増えてますよ〜



ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。

あおり足の集中練習,凄いコンディションの岩で

2020年9月12日(土)

予定していたダイビングが諸事情あって開催できず。。。
参加人数も極端に減ってしまったので、いつもとは違う特別なダイビングをしよう!
…と言うことで、まずは集合時間はお店に9時!
参加していただいたお客様のご希望のダイビングをすることに。

「自分の水中スキルを高めたい」
「あおり足キックを習得したい」

とのことだったので、たくさん練習するためにも近場の岩へ

今日の岩
コンディションはお世辞にも良いとは言えない感じ。

水温:27度
透明度:1〜3m(←とってもマジメな数字)
水面:風波あり
水中:ウネリあり
うち以外のダイバーおらず、完全貸切状態!

そんな中、3本も潜って練習してきました。

最初は上手くいかなかったあおり足




たくさん練習して徐々に形になってきました。



あおり足はけっこう難しいキックですが、水底のものを巻き上げづらかったり
水の抵抗が少なく、少ないキックで移動できたりと色々メリットがあります。
海で見ていると我流の平泳ぎキックをして、あおり足キックのつもりになっているダイバーを目にします。
これでは疲れるばかりです。
あおり足キックに興味のある方は大川までお気軽にご相談ください。



ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。

コース

お問い合わせはこちら

PAGE TOP