カテゴリ

HOME > 日記 > ダイビング日記 > 中性浮力コース,インストラクターティーチングインターン

日記

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

中性浮力コース,インストラクターティーチングインターン

2020年10月11日(日)

台風14号の影響で依然としてならいが吹いています。
真鶴周辺の海はこの風と南からのウネリの影響で連日クローズ
そこで、連日の西伊豆、獅子浜です。
今回でなんと!3日連続!!
台風が近づいていても潜れる海があるというのは幸せなことですね〜

さて今回は先日オープンウォータースキルアップデートを受講、ダイビングに復活されたお客様の中性浮力コースを開催しました。
そして担当するインストラクターはザキちゃんと大川
ザキちゃんが中性浮力コースを1人で担当できるよう大川と一緒に本物のお客様に教えます。
これをチームティーチングと言って、インストラクター研修ではよく使われる手法です。
中性浮力ってダイビングの基本中の基本ながら、教えるのが非常に難しいスキルなんです。
大川のティーチングテクニックを色々伝授しましたよ〜
再来週も中性浮力コースが予定されていて、ザキ中性浮力インストラクターが1人で担当予定です。
頑張ってね〜

そしてこの中性浮力コースと一緒に海に入ってファンダイビングしてくれたお客様も!
特別?に中性浮力状態でのウエイト脱着とBC脱着もできるようにトレーニングしました。
結構できるようになってカッコ良かったですよ〜






ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。

カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

只今3日間フリーダイビング「レベル2」受講中です

2020年10月14日(水)〜16日(金)

大川は今、1ダイバーとして新しいことにチャレンジしてます。
3日連続で西伊豆の土肥でフリーダイビングレベル2コースを受講しています。

*フリーダイビングとは?
自分の息だけで水中潜り「どれだけ深く潜れるか?」「何分息を止めていられるか?」「何m先まで泳げるか?」などにチャレンジするものです。使う器材はマスク、スノーケル、フィン、ウエイト、スーツくらいでスクーバダイビングに比べると非常に身軽です。

*レベル2とは?
スクーバダイビングにも体験ダイビング、オープンウォーター、アドバンスなどあるようにフリーダイビングもレベルがあります。下から「フリーダイビングベーシック」「レベル1」「レベル2」「レベル3」となっていて、簡単に言えば練習する水深が変わります。

ちなみに大川は現在「レベル1フリーダイバー」で「フリーダイビングベーシックインストラクタートレーナー」です。
レベル1フリーダイバーは水深10〜20mでフリーダイビングします。
そして今回受講中のレベル2は水深20m〜30mに潜ったり、息ごらえを2分30秒以上したり、50m先まで泳いだりします。

息ごらえと50mはなんとかなるだろと思っていましたが、問題は水深20mオーバー
1日目はプールで息ごらえと50mにチェレンジ、1発クリア!
2日目から海へ、海洋の問題があり水深17m程度の海でチャレンジ、この時点で16mまではクリアでした。
その時の様子です↓




この水深には1回だけ行けました…ではなく、この水深から手だけで水面まで戻ってきたり、この水深からマスクを外して水面まで帰ってきたり…と色々なスキルをこなしました。
次から次へ練習の嵐なので、写真は撮っておりません。

明日は最終日、いよいよ20mを目指します!

頑張りまーす!
ちなみにさすが西伊豆、夕焼けがとっても綺麗!

…と言うことで、16日金曜日は小田原に帰るのが少し遅くなるのと、土曜日からは雲見&妻良1泊2日ツアーが朝早くから始まるのでブログ更新ができませーん。
申し訳ないでーす。



ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。

サンゴ識別コースを開催,これもサンゴ?新しい発見!

2020年10月10日(土)

SSIエココースは全部で6種類
どれもこれもテキストを読んで最終テストを終了すれば認定されます。
最終テストまでデジタルテキスト(SSIアプリ)内で完結しますから、ご来店いただかなくてもOKなコースです。

6種類の1つに「サンゴ識別コース」があります。
サンゴの生態から見分け方まで書かれているので、せっかく身につけた知識を活用してダイビングしてみたらどうか?
そんな感じで開催したのが今回のダイビングです。

実際にダイビングしてサンゴの写真を撮って、ダイビング後に名前を調べてみよう!

予定ではサンゴが大増殖中の福浦でおこなう予定でしたが、台風14号からのウネリでアウト
西伊豆の獅子浜へ行ってきました。
福浦ほど種類はありませんが、サンゴはたくさんあります。
お客様には知識を駆使し、サンゴのようなもの、怪しいものは写真に撮ってもらうことにしていざダイビングスタート!
たくさんの写真が撮れて、ダイビング後にみんなでワイワイやりながらサンゴの名前を調べました。

やってわかりましたが、うちの店の図鑑では力不足…役不足…
もっとたくさんの種類のサンゴが載っている図鑑が必要だとわかりました。

あと面白かったのは、いつも何気なしに見ていたものが、実はサンゴだったとわかったこと!
焦げ茶色した目立たないサンゴですが、ちょいちょい見ていたものが、実はサンゴでした。
こんな発見があるのも、このコースならではなんでしょうね。

2ダイブとアフターダイブ、どっぷりサンゴだらけの1日でした!


↑上2枚の写真これが驚いたサンゴ、焦げ茶色の部分が実はサンゴでした




ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。

ストレス&レスキューコース2日目,マスターダイバー認定!

2020年10月9日(金)

昨日のストレス&レスキュー1日目(学科&プール実習)に引き続き、2日目の今日は海洋実習!
徐々に台風14号が接近しつつありますが、獅子浜はなかなかのコンディション

水温:24度
透明度:12m(超浅場は小うねりの影響で3m)

プールで練習したスキルを実際の場面を想定してやってみます。
大川がアカデミー賞モノの演技で本物のストレスダイバー役をやります。
どんなストレスが出るかは講習生にはお知らせしません。
水中でバディダイビングをしている最中にあるストレスが出現します。
その「ストレスを見つけてアシストしてあげる」ことを練習しました。

このコースを講習の為の講習ではなく
今後のダイビングに生かせる講習になるようにさせて頂きましたよ。

そして2日間のコースがすべて修了!
ストレス&レスキュー認定しました!

そしてお一人のお客様はこれでマスターダイバー認定!
おめでとうございます!!
もう一人のお客様も12月にマスターダイバーに認定予定となりました。
年末が楽しみですね〜




ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。

ストレス&レスキューコース1日目

2020年10月8日(木)

今日から2日連続でストレス&レスキューコースを開催します。
このコースは全部で2日間、1日目は学科&プール実習、2日目は海洋実習となります。

本日、まずは学科でストレスについてみんなで考えました。
悪いストレスと良いストレスがあって、ストレスを見つけて取り除く方法についてディスカッションしました。

その後はプールに移動して実習
まずはストレスの原因の1つ「スキル不足」にならないようスキル練習
久しぶりにやったスキルもあって良いアップデートになりますね。
更に自分のストレス除去方法、バディのストレス除去方法、と続き、最後は水中意識不明ダイバーんレスキューまで。

たくさん笑って、たくさん練習しましたよ〜




ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。

全3回の神子元ツアー,全てハンマーヘッドシャークと遭遇

2020年10月3日(土)

今年は7月、9月、10月と全部で3回の神子元(みこもと)島ツアーを開催しました。
海洋コンディションがあまり良くない回もありましたが、まずは開催できて良かったです。
そして神子元ツアーにご参加いただく方が楽しみにしているのがアカシュモクザメ、通称ハンマーヘッドシャーク!
もちろん自然相手の話ですから見れないことはあります…と言うか見れないことが多い…

でも今年は全ての回で遭遇することができました。

↓今年の過去のツアー報告↓
7月のツアー
9月のツアー

ハンマーの数が多くなっているのか?、大川のガイド力が上がって来たのか?
まぁいずれにせよ、お客様が笑顔になってくれることは嬉しいことです。
来年もこんな調子でいきたいものですね。

3回のツアーにご参加頂いた皆様、ありがとうございました!





↑アオウミガメにも7月と今回の2回遭遇、カメ率もアップ中!



ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。

コース

お問い合わせはこちら

PAGE TOP