カテゴリ

HOME > 日記

日記

親子で磯遊び教室とシュノーケリング教室を開催しました。

親子で参加の磯遊び教室と同じく親子で参加のシュノーケリング教室を開催しました。
朝から小雨が降ったこの日、教室が始まって屋根の下で出会うことができる生物や、注意したい生物などの説明している頃は若干強く降りましたが
いざ海に出かけるぞ!と思う頃にはあがって素晴らしいお天気になってました。
磯遊び教室では潮溜まりで見かけることができるエビやカニ、貝の仲間をはじめ、オヤビッチャなどの南の魚達
ハゼやカエルウオなどたくさんの生物に出会うことができました。
シュノーケリング教室では水中メガネやシュノーケル、フィンの使い方を説明し、海へ移動
50cmくらいの水深のところでシュノーケルの使い方を練習し、いざっ!
たくさんの青い魚や食べることができる魚達、ナマコやヒトデなど初めて見る生物との出会い
「そろそろ時間なので帰りますよ〜」
「え?もう!」
楽しくて時間が足りないみたいですね。
そんな感想が自然に口から出てくれて安心しました。
海好きの子供達が増えてくれることを切に願ってます。


東から西から体験ダイビングにご参加頂きました。

岩で体験ダイビングを開催しました。
今回は京都府、大阪府、そして千葉県と東から西から3名様のご参加をいただきました。
お盆休みは離れている友人と会ったりすることができますね。
その際のアクティビティとしてドルフィンアイズの体験ダイビングを選んで頂きました。
皆さん、体験ダイビングは全くの初めてとのことでした。
いつものようにシュノーケリングで海に慣れてもらい
安心して体験ダイビングに臨んでで頂きました。
皆さん「楽しかった!」「もっと潜っていたかった」とのお言葉を頂きましたよ。


岩の鉄骨番長でレックコースを開催しました。残念なお知らせも。。。

台風12号と13号が過ぎ去り、神奈川から東伊豆の各地に大きな爪痕が残りました。
今回は台風通過後、初のホームグランド「岩」
どんな状態なのか?若干ドキドキしながら行ってみると、陸上は綺麗になっていて
スタッフさんの苦労が伺えました。
さて水中は?
今回はレックコースでしたのでボートダイビングへ
水温は22〜26℃
透明度は20mと言っても過言ではないほど!
素晴らしいコンディションの中、ワラサやカンパチの群れ、イセエビやキンギョハナダイの群れを堪能しました。
2ボート後、3本目はビーチへ
大きな岩が横倒しになっていたり、水中に設置されていた人工物が15mくらい別の場所に移動していたり、新たなアーチができていたりと水中はすっかり様変わり!

でも、ここで残念なお知らせが…
2017年から作ってきたドルフィンアイズイソギンチャク漁礁は完全になくなってしまいました。。。
ウネリの影響で積み上げた石はすっ飛ばされたか、砂地に飲み込まれ、イソギンチャクももちろん姿形なく
砂紋が綺麗な砂地に逆戻り、すっかり更地状態です。

でもこれにめげず場所を変更し、新たな漁礁を作っていこうと思います。
イソギンチャクコースを受講されたお客様、興味のあるお客様
またぜひお力を貸してください!
水中からも小さな復興を!!!!





磯遊び,シュノーケリング教室を開催しました。

磯遊び教室、シュノーケリング教室を開催しました。
前回は台風12号が直撃した影響で中止になってしまいましたが、今回は全く問題なし!
おまけに大潮の日と重なったので、磯遊びでは干潮で色んな生物を見つけることができ
シュノーケリングでは満潮に近いタイミングでたくさんの魚と出会うことができました。
今回参加いただいたのは年少さんや小2、小4の子供達と保護者様、14名様でした。
どちらの回も皆さんに「楽しかった!」「またやりたい!」「時間が足りない!」とありがたいお言葉を頂きました。
みんな!また来年も遊びにおいで!!


超人気のカメラTG-5が入荷しました!

超人気!
大人気!
注文してもなかなか来ない!
ダイビングで使うカメラならコレ!
と言う、決定版的存在のカメラ
それがTGシリーズ!
その最新機種がTG-5です。
色はブラックとレッドがあって
特にレッドは注文後数ヶ月待ち状態です。
そんなカメラが今回、レッドとブラック1台ずつ計2台入荷しました。
気になっている方はお早めに〜


本物のダイバーを目指す!ご新規さんいらっしゃい!

台風一過のこの日、無料説明会を開催しました。
ドルフィンアイズダイビングスクールでは随時「無料説明会」を開催しています。
ダイビングを始めたいっ!
Cカードを取得するには?
お店の雰囲気は?
などなど
ダイビングについての疑問、不安を解消してもらい
スカッとダイビングを始めてもらう、そんな時間です。

今回のお客様からも色んな質問をいただき、回答し、納得してもらい、ご入校となりました。
これからCカード取得します!
皆さん、よろしくお願いします!


らららでシェフプロデュースのBBQに舌鼓

皆さん、台風13号の被害はないでしょうか?
小田原の海岸線で救急車やパトカーをぶっ飛ばした高波台風の12号に比べコースが変わったためか
雨も風もそこまでではなくて良かったですね。
でもウネリは2日前から断続的に入っていて東海岸のポイントは軒並みクローズ状態
影響が長引かなければ良いですが…
当初は岩の「鉄骨番長」でダイビング予定でしたが、そんなわけで予定変更
らららへ行ってきました。
らららは透明度8m、水温は26〜27℃
カマスの群れやスズメダイの群れ、水温が高いので超活発で水中を華やかにしてくれるソラスズメダイの群れ
マクロものではカエルアンコウが2匹、ホタテウミヘビなど色々みれました。
ダイビング終了後はシェフのお客様がプロデュースしたBBQ!
更に火起こしもキャンプで薪に火をつけて楽しんでいるお客様が担当
現代の火打ち石と麻ヒモなどで火を起こしました。
BBQメニューはホントにBBQ?と思うような内容
火を起こしている最中のおつまみまであってスゲー!
ダッチオーブンを使ってローストポークやタンドリーチキン、パエリアなど
もう大満足なBBQでした。






三宅島,御蔵島イルカツアー

2018年8月3日(金夜)〜5日(日)

基本土日2日間のお休みだけで行けちゃう近場なのに南国スポット「三宅島」と世界中のイルカ好きから注目されている野生イルカ生息地の「御蔵島(みくらじま)」この2つの島を両方とも楽しめるツアーがコレです。
金曜日の夜7時30分にお店に集合し、東京の竹芝桟橋へ向かいます。中にはお仕事帰りにそのまま竹芝集合する方も。このお気楽感が素晴らしいです。
夜10時30分の大型客船に乗り、翌日朝5時に三宅に到着、仮眠をしたらダイビングへGO!
今回は2ボートダイビングと1ビーチダイビングをしました。
合計3本のダイビングでアオウミガメとの遭遇率は100%!
三宅島は伊豆七島の1つですが、伊豆と名のつくのは名ばかりか? 沖縄で見かける魚が次から次へと大行進、タテジマキンチャクダイの成魚や子供、大きなヘラヤガラにツバメウオ、キンチャクガニ、超Bigなニセゴイシウツボに驚愕したら、お次は島の名前がつく人気者ミヤケテグリの派手さに驚く、サンゴも至る所で元気に育ち、南国感漂ってました。
そして今回は三宅島で50本記念を迎えたお客様が!
島ではケーキの入手が困難とのことで、本土から送ってその場でみんなでデコレーション!
サプライズの演出をとても喜んでくれました。
日付変わって日曜日、今度は朝から御蔵島へ
目的はもちろんドルフィンスイム、野生のミナミハンドウイルカとのご対面です。
(生息するイルカの名前はバンドウイルカと思っていたら、元々の名前はハンドウイルカなんですって!勉強になりました)
水面から背ビレが見えるだけでテンションは急上昇!
水面を泳げば、下にはイルカちゃんの群れ!
水中に潜って近づけば「目と目で通じあう」あっ!こっちを見てる!

「夢はイルカと泳ぐこと」

そんな2名のお客様の夢が叶いました。







スーツ専用洗浄柔軟剤「アロマウエット」がお得に!

今年の夏は暑い!
海水温も28℃のところもあって、スーツを着ていると汗が止まりません。
その汗、スーツに染み付いてますよ!

そこで、ウエットスーツやドライスーツ専用の洗浄柔軟剤「アロマウエット」
1回の洗濯作業で洗浄と柔軟が全て完了しちゃうラクラク設計です。
どんなやり方かと言うと

①キャップ1杯のアロマウエットを10リットルの水(バケツ1/3)に入れる
②洗浄液にスーツを入れて揉む
③専用液を捨て新しく10リットルの水を入れて軽くすすぐ
④干す

使う水がものすごく少なくてすみます。
香りは2種類

スイートフローラル(洗浄力重視)
ダークチェリー&ローズ(柔軟効果重視)

があります。
香りは実際に嗅いでみて決めてください。

今回入荷した10本限定で更に1回分多く使えるよう小袋をお付けしています。
違った香りも楽しめるタイプもありますので、気になる方はお早めに。



Cカード取得(初心者)コースのプール実習の楽しみ方

連日の猛暑
先日の台風の影響が少しずつ消えて、海のコンディションも上がっていますが
今回はプール、ダイビング初心者コースのプール実習で湯河原に行ってきました。
今回ご参加いただいたのは、お母さんと娘さんのとっても仲の良い親子
親子でダイビングするって素晴らしいですね。
実は今回2回目のプール実習
1回目でどうしてもうまくできなかったことがあり、大川がアドバイスして家で毎日練習してもらいました。
その成果が見事出て、今回はとってもうまくできました。
でも、できただけではプール講習の意味が薄い!
重要なのは自分の技術(スキル)に自信をつけること。
こちらもOK!
もちろん、まだまだ改善点はありますが、これから更に練習するとして
次回の海洋実習が楽しみです。
ちなみに今回、こんな方法で水中を楽しんでみました。最初の動画を音声付きで見てみてください。





12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

コース

お問い合わせはこちら

PAGE TOP