カテゴリ

HOME > 日記 > 2ページ目

日記 2ページ目

あおり足の集中練習,凄いコンディションの岩で

2020年9月12日(土)

予定していたダイビングが諸事情あって開催できず。。。
参加人数も極端に減ってしまったので、いつもとは違う特別なダイビングをしよう!
…と言うことで、まずは集合時間はお店に9時!
参加していただいたお客様のご希望のダイビングをすることに。

「自分の水中スキルを高めたい」
「あおり足キックを習得したい」

とのことだったので、たくさん練習するためにも近場の岩へ

今日の岩
コンディションはお世辞にも良いとは言えない感じ。

水温:27度
透明度:1〜3m(←とってもマジメな数字)
水面:風波あり
水中:ウネリあり
うち以外のダイバーおらず、完全貸切状態!

そんな中、3本も潜って練習してきました。

最初は上手くいかなかったあおり足




たくさん練習して徐々に形になってきました。



あおり足はけっこう難しいキックですが、水底のものを巻き上げづらかったり
水の抵抗が少なく、少ないキックで移動できたりと色々メリットがあります。
海で見ていると我流の平泳ぎキックをして、あおり足キックのつもりになっているダイバーを目にします。
これでは疲れるばかりです。
あおり足キックに興味のある方は大川までお気軽にご相談ください。



ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。

オープンウォーターダイビングリフレッシュコース

2020年9月10日(木)
 
3年前に遠くのSSIダイビングセンターでオープンウォーターダイバーのライセンスを取得し、その後諸事情でダイビングできず、更に引越しした為ドルフィンアイズにお越し頂いたのが今回のお客様です。
 
結構忘れているので、オープンウォーターダイバースキルをプールで一通りおさらい&繰り返し練習しました。
 
SSIダイバーさんですからアプリでオープンウォーターのテキストを読む事ができます。テキストにはスキル動画がありますから、それを観て事前に予習、イメージする事ができます。これはお客様にとっても、インストラクターにとっても非常に便利です。
今回も事前に動画で予習してきてもらいましたから、余計な説明をしなくて済むので、その分時間を効率的に使え練習がたくさんでき、とっても上手になりました。





苦手と言っていたマスク脱着もたくさん練習、マスク無しスイムもできるようになって、少しは自分に自信がついたかな?

そして非常に重要なスキル「ホバリング」




これも時間をかけて練習できました。もちろんまだまだ完璧ではありませんが、伸びしろは十分!
これから夢の実現に向かって楽しんで練習していきましょう!




ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。

1泊2日で千葉の勝山(かっちゃま)へ,まさかのツアーに!

2020年9月5日(土)〜6日(日)

千葉は房総半島の先端、伊戸(いと)と内房の勝山(通称かっちゃま)に1泊2日で楽しむツアー
伊戸は「シャークスクランブル」と言うポイントがあってサメやクエ、エイがうじゃうじゃいるエリア
かっちゃまは浮島(うきしま)と言う無人島周辺にいくつもポイントがあってマクロもワイドも楽しめるエリアです。

今回の参加者は総勢8名!
車中が密にならないように車2台で行ってきました。

が!!!!

遠くにいるものの、超巨大な勢力を更にどんどんレベルアップさせる台風10号の影響で、ウネリがバンバン入り、初日に潜る予定だった伊戸はあえなくクローズ!
その他で潜れそうなポイントを探しましたが撃沈…気をとりなして千葉観光に変更
「鴨川シーワールド」や房総半島の先端「野島崎灯台」などで楽しんできました。
鴨シーではシャチに水をかけられたり、ベルーガ(シロイルカ)の生態に驚いたり、クラゲの勉強をしたりしました。
野島崎灯台では、灯台のレンズで大笑い、お天気は良いのに、海は大荒れ、台風コノヤロ!

夜は伊戸の民宿に。
以前も泊まった民宿で、ご飯が美味しかったのと、おかあさんが良い方だったので今回もここにしました。
期待を裏切らないご飯と、皆さんのトークで楽しい夜となりました。

2日目はWレインボーから始まりました。
空に大きくできた虹は徐々に2重に!
それも超大きく、綺麗!
今日はいいことありそうな予感でかっちゃまへ
さすが内房!ボチボチのうねりはあるものの問題なくダイビングOK!
2ダイブできました。
かっちゃまは島1周ぐるりとポイントがあるので、ほぼほぼ潜れる安定したポイントです。
ベニカエルアンコウや小さなウミテング、サガミリュウグウウミウシ、イサキの群れなど色々見れました。

そして、お昼ご飯もゴーカ!そして美味しくいただいて帰ってきました。

今回神奈川と千葉の往復は東京湾フェリーで東京湾クルージングも楽しみました。
カーフェリーなので運転手も楽々、いつもとはひと味違うツアーでした。

伊戸でシャークダイビングはまた今度リベンジしまーす。





ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。

癒しの花壇,マリーゴールドもさっ!まだまだ続きがあります。

2020年9月4日(金)

緊急事態宣言発令で営業を休止していた時に始まった「癒しの花壇計画」
ドルフィンアイズカラーのオレンジや黄色が綺麗なマリーゴールドの種を蒔いて、ご来店するお客様の目を和ませようと言うもの。
園芸をするのは小学生か中学生以来のことで、そんな素人が種からここまで育てたのは奇跡に近いかも。


6月までの癒しの花壇計画の記録はコチラ

7月に2つある花壇の1つはパンジー系の苗を植えていて元気も良かったのですが、さすがに終わりを迎え一度更地にし、そこに余っていたマリーゴールドの種を蒔いたのですが、今年は梅雨が長かった!蒔いた後は超長雨、何とか3つほど発芽しましたが、見るからに寂しい〜


そこでまだ余っていた種(4月からずっと同じダイソーで買った100円の種を蒔いてます。コスパが素晴らしい!)をプランターでも育てていました。こちらは生育良く、こんな感じ

発芽しなかった部分もありますが、花壇に比べると大違い!
それを今回花壇に植え替えしました。


既に蕾もあり咲きそう。
花壇計画はまだまだ続いております。


ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。

大人だけでも参加できるシュノーケリング教室

2020年8月31日(月)

8月最後の日、シュノーケリング教室が開催されました。
この教室は大人と子供でご参加いただくことが非常に多く、ワイワイと海に入ることに慣れてましたが
今日の参加者は全員大人、いつもとはちょっと違った落ち着いた雰囲気で開催しました。

お客様は以前、沖縄に旅行に行った時にシュノーケリングツアーに参加したことがあるとのこと。
その時はボートに乗って沖に出て、ボートからシュノーケリングしたようですが、今回はビーチからシュノーケリング
やり方も色々変わるので、その辺りからお教えしました。

水温:29度
透明度:2〜7m

水面温度はすっげー暖かいです!
スーツを着なくても寒さは一切なし
透明度は微妙なところと、良いところがハッキリ!
でもいろんな魚が見れました。季節来遊魚としては、キヘリモンガラの幼魚がいました。今シーズンはダイビングでも見てない魚です。
また、沖のサザエ根ではソラスズメダイやイワシの群れに会えました。




ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。

2020年最初のダイブガイド,ダイブマスター誕生

2020年8月31日(日)

今年の1月から始まったダイブガイドコース2020
当初は3月に終わる予定でしたが、講習生様の体調不良などもあり、4月認定予定に変更
そしてやってきやがったコロナちゃんのせいで更に遅れ…

でも8月のお盆時期に大瀬で合宿をし、集中してガイドやブリーフィング方法を復習&トレーニング!
そして、本日残っていたスノーケリングやレスキューのワークショップが終了

予定より5ヶ月遅れで2名のダイブガイド&ダイブマスターが誕生しました。

おめでとうございます!

そして今のレベルに飽き足らない!
次はインストラクターを目指していくことになりました!

大川全身全霊をかけて、もっともっとたくさんのテクニックを教えます。
どんどんトライして、どんどんエラーもして、そしてどんどん吸収して行って下さい!
海でお客様の笑顔と共に一緒に働けることを願っています。








高所淡水ダイビングのメッカ本栖湖で極楽ダイブ

2020年8月29日(土)

25日に引き続き、本栖湖でアルティチュード(高所潜水)SPを開催しました。
あるアニメ(漫画)の影響なのか、避暑を求めるのか土日の本栖湖は少々混み気味、でも行き帰りはこの時期にしては珍しく富士山がとても綺麗でした。

今回は3名様がアルティチュード講習、3名様がリピートのファンダイビング、大川入れて合計7名で高所淡水ダイビングです。

現地に着いたらまずは学科を
海と高所では何が違うのか?
海水と淡水の違い?
高所ダイビングで特別に気をつけること
などなど説明しました。

その後移動

1本目は「クレーター」へ
やっぱ湧水ポイントは外せませんね。
しかもここは水底が巻き上がりやすいので、フィンキックや浮力、姿勢にも気をつけなければならないポイント
ある意味練習にも最適です。
今日のメンバー、巻き上がらないように細心の注意を払ってキックしてました。
素晴らしい!
大きな湧水穴やナマズの仲間ギギ、沢山のスジエビなどが見れました。、

2本目は「ホーンテッドマンション」へ
ここはお化けのような沈木(沈んでいる木)があるポイント
本栖湖の中でも有名で人気のあるポイントです。
ここでは湖ならではの水温を体感してもらいました。
水面付近は25度ととっても暖かですが、水中は水深12mで16度!
その差9度!

「うっひょ〜」

ウエットスーツだと痺れます。
この体感も湖ならではです。

冷えた体を温めるには暖かい水温でダイビングすべし。
浅場の暖か水温で体を温めたら、いくつかの沈木鑑賞
最後にポイント名由来のお化け沈木へ
ここでは大きなコイにも遭遇しましたよ。
そして貞子にも…




お昼は「鹿カレー、鹿竜田揚げ、鹿ステーキ、鹿スモーク」の豪華ジビエ料理
ソーシャルディスタンスでいただきました。

最後に、話は変わりますが、ドルフィンアイズは「1ダイブ1クリーンアップキャンペーン」に参加しています。
「1ダイブごとに1人1つゴミを拾ってくればかなり綺麗になるんじゃね?」って話です。
このキャンペーンが始める前にも自主的に拾っていましたが、その動きを加速するべく、大川は最近ゴミ袋を持ってダイビングしてます。
今回も釣り糸や空き缶、サングラス!などたくさん回収してきましたよ〜




ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。

怖い,でもできた!体験ダイビング&シュノーケリング

2020年8月27日(木)

岩で体験ダイビングを開催しました。

お天気が不安定だったこの日
陸上で休憩中には急な大雨に!でもスノーケリングや体験ダイビングをしている時はいい天気に!
運が良いですね〜

水温:27度
透明度:10m

数日前とは大違い、ナイスコンディションです!

今日のお客様は小田原に引っ越して来た5年前からドルフィンアイズを知っていて
いつかはダイビングしてみたいとずーっと思い続けていてくれたとのこと
その夢を叶えましょう!

海に着いたらいきなりダイビングではなく、まずはスノーケリングで体を水に慣らします。
ほぼ初めてのスノーケリングです。
器材の使い方や、泳ぎ方などを説明、浅場で練習して始めました。
スノーケリングでもいろんな魚たちを見れましたよ。
イワシの群れやカマスの群れ、アオリイカの赤ちゃんや今年生まれのソラスズメダイ
季節来遊魚では今年初観察のミナミハコフグの子供やニセカンランハギがいました。

その後はいよいよ体験ダイビング!
もちろん、重要ポイントを説明し、浅場で練習、そして潜降!となるわけですが
水面で呼吸の練習をしたのですが

「なんだか怖いです。私潜れないかもしれません」
「では今日はヤメましょうか?」
「う〜ん…」
「水中に入った方が楽になると思いますよ。もう少し呼吸練習続けてみましょう」

焦ることなくじっくり練習
その後大川のちょっとしたテクニックを駆使したら見事水中へ!
予想通り、水中に入ったら問題なくなり、楽しんでいただけました。

人間は陸上の生き物ですから、水中に入って呼吸をすると言うこと自体がおかしなこと。
呼吸が荒くなったり、苦しくなったりは当たり前だと思います。
しかし、やり方次第で誰でも体験ダイビングはできます。
もし「体験ダイビングをやってみたけど潜れなかった」と言う方がいたら
ドルフィンアイズダイビングスクールにお気軽にご相談ください。




ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。

湧水にダイビング,高所淡水ダイビングを本栖湖で

2020年8月25日(火)

1年ぶりの本栖湖(もとすこ)ダイビングです。
本栖湖は富士五湖の1つで流れ込む川がなく、湧水の湖で透明度が高いのが特徴です。
そして日本で数少ない「高所潜水(アルティチュードダイビング)」ができる湖です。
今回は初めてアルティチュードを経験する方(アルティチュード講習)と、昨年に引き続きご参加のリピーターさん達で総勢4名で行ってきました。

1本目は「クレーター」湧水ポイントです。
水が湧いている所が大きな穴になっていて、まるでクレーターです。
今年は梅雨が長かったせいか、例年に比べ湖水面が2mほど上昇しているとのことで、いつもは陸上の場所が水中に…
なのでこんな素敵な状況になりました。


「昨晩降った雨の影響で透明度が落ちてますよ〜」
サービスさんが言っていましたが、いやいやそんなことないですよ。
ダイバーの影、水底にしっかり映るぐらいの透明度
綺麗です。


そしていよいよクレーター!
湧水部分へ


大きいものは直径1m以上、深さは計測できません。
上の写真が穴の真上からしたを撮影した写真です。
この穴の下から水温15度くらいの綺麗な水が湧いています。写真には写っていませんが、実際に目で見るとサーモクラインが確認できますよ。

湧水クレーターの近くにこんな生物がいました。


ナマズのようにも見えますが「ギギ」と言う魚です。
湖ならではの出会いですね。

2本目は「スポーツセンター前」へ
こちらも水面のダイバーの影が水底にクッキリ!


このポイントは大きな沈木(ちんぼく)があること
沈木とはその名前の通り沈んでいる木
水の中に沈めたものはどんどん朽ち果てるイメージありませんか?
海水の場合はそうです。錆びたり腐ったりします。
でも完全に真水につけたものはそう簡単に腐らないんです。
大昔に沈んだであろうこんな大きな木が残っています。
中は空洞になってますが、差し込んだ光は超綺麗。


ここでは数匹のブラックバス(オオクチバス)と色のついたニシキゴイ(錦鯉)に出会いました。
湖ダイビングで色のついた魚に出会うことは貴重です。




帰り道すがら、大川の希望で「溶岩樹型」を見学
流れて来た溶岩が生えていた木を飲み込み、この後木が朽ち果てて穴になったものです。


もっともっと大きく、深いものもあり、色々見れて楽しかったです。
そして勉強になりました。


ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。

熱海ダイビング&花火鑑賞,ご当地カレー食べ比べ大会開催!

2020年8月23日(日)

毎回人気の「熱海沈船ダイビング&海上花火大会を観るツアー」
今回は8名のお客様と一緒に出かけました。
いつもならハイエース1台で乗りきれるわけですが
今は密を避けるのが当たり前、2名のお客様に自車を出して頂き、分散して向かいました。

この日はボートダイビング講習のお客様もいて、まずは現地で学科講習
ボートダイビングの魅力や注意点、独特のテクニックなど説明しました。

そしてこの日からNEWウエットスーツを投入したお客様!
2着目のウエットスーツです。
1着目のスーツとはガラリと印象を変えて大人な感じに…
いい感じです!更にフィンもフルフットタイプにチェンジ!グローブも新調!
水中でも「映え」てましたよ〜



1本目は「ビタガ根」へ
潜降直後に大きなトビエイが上を通過!
あまりのことで写真は撮れず…残念。
しかし、キンギョハナダイの群れやタカベの群れ、イソギンチャク畑や超巨大なアオヤガラなど、見どころ満載でした。

休憩中にちょっとスキンダイビング
ついでに漂っていたビニールゴミの回収、意外と多くてたくさん回収、ビックリでした。

2本目は「沈船」へ
沈船まで潜降したら…透明度Good!でも冷たっ!
浅場は27度ありましたが、下は19度台、このギャップはハンパ無し!
安全停止中は温泉に入っているかのような心地よさでした。
でも魚影は相変わらずの凄さで、ネンブツダイにスズメダイ、タカベとそれぞれが全部群れ!次から次へのやって来ました!

水温:19〜27度
透明度:7〜15m

花火までの待ち時間、いつもならBBQタイムですが、今年は中止
実は前々からBBQに変わる何かができないか?と考えていまして…
検討に検討をした結果、コレにしました。


第1回ご当地カレー食べ比べ大会!
全部で6種類
上段左から
かきカレー、18禁カレー(激辛系)、さくらんぼカレー、飛騨牛カレー
下段左から
流氷カレー(海部分)、流氷カレー(流氷部分)、ボンカレー(中辛)

いろんなレトルトカレーを少しずつ食べ比べてみよう!と言うこの企画
カレーもレトルトなら、ご飯もレンチンご飯(サトーのご飯的なヤツ)で自分の食べるぶんだけ蓋を開けて食べるから
飛沫もノープロブレム!
カレーを紙コップに分けるときもアルコールジェルでお手手を消毒してから!
もちろんスプーンも使い捨て、環境に配慮して自然に還る木製のもの(もちろん捨ててはいませんよ)

さぁ一番人気はどれだったのか?

結果はご参加された方かスタッフにお聞きください。

そして、お待ちかねの花火タイム、今年は8月より時間短縮バージョンで再開された熱海海上花火大会
いつもは30分間打ち上がりますが、今年は15分間、短いですがいつもながらの綺麗な花火でした。
ダイビングサービスから見る花火は密とは無縁の特等席!
安全に鑑賞できました。






ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。


<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

コース

お問い合わせはこちら

PAGE TOP