カテゴリ

月別 アーカイブ

HOME > 日記 > 6ページ目

日記 6ページ目

クラシファイド(障がい者)ダイビングのインストラクターコース

2021年4月13日(火)

昨日(4月12日(月))の朝イチで羽田から沖縄の那覇入り。昨年の2月になんとかギリギリ行けたバリ島ツアー以来、国内線ではありますが久しぶりの飛行機搭乗でした。乗ってビックリ完全満席!こりゃ密の極みでは?と思ったけど航空会社の説明では「約3分に1度空気の入れ替えをしています」とのこと。換気をして入れば密でも大丈夫なのかよくわかりませんが、久しぶりの飛行機は楽しかったです。

さて、今回の沖縄はノーゲスト、大川の勉強のための来島です。

実は今回、那覇で連続10日間で2つのインストラクターになるための受講をします。

まず1つ目は「クラシファイド(障がい者)インストラクター」
全く未知の領域と言って良い内容です。
しかし、この内容に必要性を感じて早々に受講を決意しました。
障がい者と健常者の壁がどんどん低くなっている世の中、更には高齢化を迎えている日本のダイバー事情を考えれば、障がい者ダイビングのスキルは健常者にも当然役に立ち、お客様に喜ばれるはずです。

1日目は学科講習を、いろいろな障がいについて、今まで障がい者ダイビングの第一線で活躍されてきたインストラクターさんから生の声を聞きました。
とっても勉強になりました。

明日はいよいよ実習です。

2つ目のインストラクターコースのお話はまた次回にしますね〜


インストラクターコースの学科練習をしました。

2021年4月12日(日)

インストラクターコースの学科プレゼンテーション練習をしました。
学科プレゼンテーションとは学科講習のこと。インストラクター候補生がいろんな1つのトピックについて学科講習します。インストラクタートレーナーの大川はそれを受講生役として聞き評価をします。

インストラクターになるには最終試験があります。試験はSSIから派遣されたサーティファイヤー(試験官)が担当して5月8日〜9日に行われます。候補生2名は更に気合が入ってきてます!インストラクター候補生を最終試験に送り出す事、そして合格できるようにトレーニングする大川の仕事、指導にも熱が入ります。

あと1ヶ月!
頑張れ!


初めて雲見にダイビング,初めての穴も通過する

2021年4月11日(日)

ドルフィンアイズダイバーに大人気のダイビングポイント「雲見」
今回が初めての雲見ダイビングになるお客様もいて、総勢9名、2台の車で向かいました。

水温:17度
透明度:5〜8m

春濁りで透明度は全体的に落ち気味、雲見の代名詞でもある洞窟(トンネル)も光が入りづらいコンディションでしたが、それでも雲見は雲見、面白い地形の連続に群れなすたくさんの生物達、やっぱ楽しいです。
今回は大川チームとザキチームに分かれて「牛着岩」をいろんなコースで潜りました。
大川も初めて通ったトンネルもありましたよ。

残念ながら透明度がイマイチなので写真はありませんが、大きなクエやイシダイの老成魚クチグロ、メジナの群れ、成長したツマジロモンガラなどにも出会えました。

帰りのランチは新しいお店にトライ!
当たり!でした!!
和食、洋食、地元物、ボリューム、価格、すべてOK!
強いて挙げれば、真面目なお店なので「ツッコミがいがない」のが寂しいところです。。。(笑)
ドルフィンアイズランチラインナップに登録です。


ダイビングコンピュータの使い方を学ぶコースを開催

2021年4月9日(金)

ダイビングコンピュータスペシャルティの海洋実習で石橋へ行ってきました。

水温:15度
透明度:5〜10m

講習生様は先月初めてドルフィンアイズで潜っていただいたお客様、他店で購入されたダイビングコンピュータの使い方がわからず教えて欲しいとのご要望でした。ダイビングコンピュータはいろんな機種が販売されており、使用方法はさほど変わりませんが、細かい使い方や設定方法などは機種ごとに全く違いますので、基本的にドルフィンアイズで販売したダイビングコンピュータ以外でコンピュータスペシャルティの受講はお断りしています。しかし今回はドルフィンアイズで販売しているものと同じものでしたので講習を開催させていただきました。

海洋実習ではコンピュータを使ってダイバーの体内に溜まったり、排出される窒素の流れを見てみます。潜って溜まり、休憩して排出され、また潜って溜まり…ダイビングはこれを繰り返すわけですね。実感していただいたようです。

今回のダイビングでスキルの改善点も見つかりましたので、これからのダイビングで更に上級ダイバーを目指して行きましょう!


水中ナビゲーションのおさらいダイビングで岩へ

2021年4月7日(水)

前回のダイビングで大瀬でナビゲーションスペシャルティを受講されたお客様、もっと練習したいようだったので今回は岩でおさらいダイビングをしました。

水温:15度
透明度:8〜10m

大瀬と岩では主なナビゲーション方法が変わります。

なぜ違うのか?
どうしたら良いのか?

そんなことも考えていただき、陸上でシミュレーションをして、いざダイビング!
バディ同士で予定されたコースをナビゲーションします。インストラクターは後ろから見守ります。よっぽどの事があれば助けますが、あくまで見守るだけ。
1本目は若干チェックポイントを間違ったものの、予定通りのコースでダイビングが出来ましたよ。チェックポイントを間違えるのも良い経験です。これからのダイビングにきっといきるハズです。

2本目は更に距離を伸ばしたナビゲーションに挑戦!
途中チェックポイントを再度チェックするためにコース変更をしたり、お互いに残圧を確認して少ないことを理由にコースを短くしたりと臨機応変に素晴らしいナビゲーションができました!

今度は更に難易度を上げてやってみましょう!
また、練習して行きましょうね〜




堂ヶ島でドリフトダイビング,激流でポイント変更

2021年4月5日(月)

朝お店に集合して

「どこ行きましょっかね〜?」
「前回行けなかった堂ヶ島はどう?」
「んじゃ電話してみますね〜」

ダイビングポイントはそんな感じでゆる〜く決定!

堂ヶ島、久しぶりです。

前日に堂ヶ島に超近い田子でダイビング、外海はブン流れでしたので、今日も浮島根は無理かな?と思いましたが、とりあえず行って見ることに。ポイントに到着するとブイが少し沈み気味、ブイに当たった流れで少し泡も出る状態。

「こりゃ流れてるは!」

ポイントをカマガ根に変更、2本ダイビング、特に2本目はドリフトダイビングしました。

水温:16度
透明度:8〜10m

砂地ではヒラタエイや得体の知れない生物(多分ゴカイの仲間)、大きいのに綺麗なオオモンカエルアンコウ、小ぶりなもののこちらも綺麗なテングダイの群れ、各種ウミウシなど見れました。

堂ヶ島は5月からNEWポイント「サク根」がオープン予定です。
地形が良いみたいで、更に海底温泉まで湧いているようです。大川もダイビングしたことないポイントですから、今から非常に楽しみです。

堂ヶ島NEWポイントツアーは
7月10日(土)
11月3日(水祝)

に予定されています。
また、7月くらいからは新しいダイビングボートも就航予定!
すでにご予約も入り始めてますので、気になる方はお早めにご予約くださいませ。


インストラクターの自己啓発と4月からお店の準備

2021年4月4日(日)

インストラクターの大川です。
先日のことですが、フリーダイビングの1つのスペシャルティである「トレーニングテクニック」を湯河原のプールで受講してきました。
今回は愛知県、三重県、神奈川県、遠くは沖縄県石垣島からインストラクターが集合して受講となりました。

「私が受講」です。
そう私が受講生です。

トレーニングテクニックとは何なのか?
フリーダイビングでは息を止めますが、ずっと止めていると体から「呼吸衝動」という反応が出てきます。呼吸衝動は「もう少し息ごらえができますよ」と言う合図なのですが、慣れていないとそこで堪えきれなくなってしまいます。しかしトレーニングをすることで呼吸衝動に慣れ、もっと息ごらえができるようになります。そのトレーニングの方法を学ぶのがこのスペシャルティです。
去年のフリーダイビングレベル2を終了して以来、息ごらえのトレーニングをボチボチやってきましたが、その延長線のテクニックを学べました。これからも継続していこうと思います。

さて話は変わりますが、2021年4月1日からいろんなお店で変更しなければならないことがあったのをご存知ですか?

それは「内税の価格表示化」

税抜き金額だけの価格表示ができなくなります。基本的には消費税を含んだ価格表示をしなければなりません。ドルフィンアイズでも(少し遅れてますが…)価格表示の変更をしています。ついでに値札の掃除までしました。

内税表示にスタッフ側も慣れていかないといけません。
また少し時間がかかりそうですが、頑張っていこーっ!

強い流れの外海ダイビングとのんびり湾内ダイビング

2021年4月3日(土)

予定を変更して西伊豆の田子でダイビングしてきました。
今回から新しいレギュレータ&BCにチェンジしてダイビング開始のお客様もいらっしゃいました。

新しい相棒、どんどん慣れていって可愛がってあげてくださいね〜

水温:17度
透明度:8m

「最近フトネの群れは深いところに行っちゃってますねぇ〜」
「群れを見るなら沖ノ島の方がいいかも」

との情報で1本目は「沖ノ島」へ
潮回り的は小潮だったのですが、ポイントに着いてみるとけっこうな潮流がありそうなカンジ。エントリーしてみるとやっぱりいい流れ。潜降ロープを持ったら鯉のぼり状態に。吐いた泡も横に流れていきます。この潮流、フトネだったら潜れません!でも強い潮流のおかげで潜降してすぐの根でタカベが結構群れてる!あっちにはスズメダイが群れてる!大きなアオブダイやハマフエフキにも出会えました。
もちろん安全停止は流されながら…コレができると楽々安全停止ができますね。

2本目は湾内ポイントの「白崎」へ
1本目とは全く違い潮流はゼロ、海底には海藻が広がる春らしい海へのダイビングです。ここではいろんな種類のウミウシやクマドリカエルアンコウを見ることができました。

最近田子に行くとランチは店屋物を頼んでます。ダイビング終了時間に合わせて温かいものが運ばれてきます。メニューもさまざまあって選べていいですよ〜


レギュレータ&BCセットの買換えキャンペーン実施中!

楽しく、気持ちよくダイビングをするために必要不可欠なダイビング器材
どれもこれも重要なものばかりですが、その中でも正に「命を預ける」器材なのが「レギュレータ&BC」ですね。
毎年整備していても金属、樹脂、ゴム部分の経年劣化は免れません。また、少しずつ進化もしています。車なども10年くらい経ったら乗り換えを考えますが、ダイビング器材も同じですよ。

ドルフィンアイズでは今、レギュレータ&BCの買い替えの方限定で特別な特典をご用意。
オーバーホール工賃を3年分無料にしています。
今年に入ってから既に数名の方が買い替えられました〜

詳細はスタッフまで〜

完璧なホバリング状態で水中マクロ写真撮影ダイビング

2021年3月28日(日)

逗子予定でしたが、南風強風によりクローズ!代わりに田子に行ってきました。
田子といえば外海の「フトネ」でワイド&群れ&大物で楽しむことが多いのですが、今回はマクロな逗子からのポイント変更ということで、2本とも湾内の「白崎」でマクロ中心のダイビングで楽しみました。

水温:17度
透明度:8〜10m

実は白崎は広大なポイントで、ブイは3ヶ所もあります。今回は1本目と2本目で違うブイからエントリーしウミウシやカエルアンコウを狙いました。

まず1本目はピカチューウミウシ狙い、水深27mのケーソンに向かいます。ケーソン周りはシルト(非常に細かい砂)が堆積していて着底はもちろん、手で軽く水を掻いただけで巻き上がってしまいますから、中性浮力(ホバリング)状態での撮影が必須なだけでなく、フィンも海底から離しておくことが求められます。ブリーフィングでしっかりお伝えしておいたので、お客様全員がしっかりホバリング状態でピカチュー2匹&まさかのツノザヤウミウシまで撮影成功、巻き上げはほぼありませんでした。またシルト地帯を過ぎても継続して着底せずに撮影していました。これが本来のダイビング、ダイバーの姿です。水中写真を撮影するダイバーこそ、そう言ったスキルの習得は必須ですね!

こんな素晴らしいお客様たちを見て大川はとても嬉しかったです。

2本目はクマドリカエルアンコウ狙い、他のグループとバッティングしたのでコース変更を余儀なくされましたが、クマドリは無事ゲット!その他、超マクロなイソギンチャクモエビ、各種ウミウシなども見れました。





<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

コース

お問い合わせはこちら

PAGE TOP