カテゴリ

HOME > 日記 > 3ページ目

日記 3ページ目

ダイビングライセンス取得!透明度抜群!あの人がガイドデビュー!

2020年12月6日(日)

オープンウォーターダイバーコース最終日とファンダイビングで獅子浜に行ってきました。

水温:19〜20度
透明度:15〜20m

透明度抜群です!
これぞ秋〜冬の海!って感じです。
そんな中、オープンウォーターダイバーコースの最終日の海洋実習を行いました。


プールでたくさん練習したおかげ?で水面も水中もスキルはすいすい!
中性浮力状態でマスク脱着もOK!
うん、成長したね〜
更にこんなにコンディションが良い海でダイビングライセンスゲット!素晴らしい!!

一方、ファンダイビングはタムちゃんがガイドデビュー!
見事初陣を飾りました。


↑オオモンカエルアンコウ(どこが目かわかるかな?)

今日も水中に落ちていたゴミを回収してきました。
少しずつでもダイバーだからできること!これからも地球に感謝していきましょう。


見事ダイビングライセンスをゲットしたお客様、次回はドライスーツコースに進みまーす!
これからもヨロシクお願いいたします!

フリーダイビング体験コースを開催しました。

2020年12月5日(土)

大きく吸った1息だけで色んな活動して行くのがフリーダイビングです。
ちょっと難しそうな気もするし、苦しい気もするし、そもそも楽しいのかな?
皆さんそんなふうに思っていると思います。

そんな皆さんはこのフリーダイビング体験コースの「ベーシックフリーダイビング」に参加してもらうと良いです。

フリーダイビングの3つのカテゴリーを全て体験できます。

①スタティック
じっとして動かず何分息ごらえできるか?

②ダイナミック
水深1.2mくらいで何m先まで泳いでいけるか?

③コンスタント
水深何mまで潜れるか?

今回ご参加いただいたお客様は物凄かったです!
スタティックで最初は1分12秒だったのが、呼吸法を教えて実践したら即2分16秒と1分2秒も記録がのび、最終的には2分58秒まで息ごらえできました。
他の方も全員2分超えとなりました!

これ、ほんのちょっと呼吸法を練習しただけですよ。

誰でもできますので、フリーダイビングに興味のある方はもちろん、興味のない方も1度はぜひ体験してみてください。スクーバダイビングに対してもプラスになることたくさん、絶対にマイナスになることは一切ありませんよ。







大人の為の秋のシュノーケリング教室を開催

2020年11月30日(月)

夏にたくさん開催されたシュノーケリング教室ですが、夏に限ったコースではありません。
透明度の良い秋の海でシュノーケリング教室を開催しました。
今回ご参加いただいたのは大人の女性、コロナ禍で時間ができたので海遊びを始めたとのことでした。自分なりにシュノーケリングしてみたものの、うまくいかず、緊張もしてあまり面白くなく…そこでドルフィンアイズにお越しいただきました。シュノーケリング教室では簡単に呼吸法や排水法、フィンキックをレクチャーします。
最初はぎこちなかったフィンキックがどんどん上手になっていきました。
生物も南の魚やアオリイカの群れなどにも会え、あの食べるイカスミも見ることができましたよ。

「シュノーケリングが楽しかったのは初めてです」

こんなお声をいただきました。
ご参加ありがとうございました。






ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。

地形派ダイバーが大好きな雲見で穴&光を堪能

2020年11月29日(日)

雲見に行ってきました。

水温:21度
透明度:10〜12m

雲見が初めてのお客様がいましたので1本目は「牛着岩 王道 穴堪能コース」で!
45分のダイビング中、ほぼほぼ穴の中!あっちの穴、こっちの穴、そっちの穴…「入れるのこの穴?」と思うような見た目の穴も入って見ると中はこんなに広いの?光が射し込んで超キレイ!そんな1本目でした。
2本目は久しぶりの「三競」へ。ここにも穴がたくさんありますが、特別なのは縦穴!それも水面まで続いていて、最後にはエアドームになっています。エアドームには岩の割れ目から日光が差し込み、ドーム内の水を青くします。とっても幻想的な光景を見ることができますよ。





ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。

Cカード取得コース(オープンウォーター)のプール実習

2020年11月28日(土)

オープンウォーターダイバーコースのプール実習を開催しました。
今回はBC脱着や、ウエイト脱着、緊急スイミング浮上や緊急浮力浮上、エア供給浮上、サーフェスマーカーブイの使い方…
通常のダイビングではまず使わないスキルばかり、でもちょっとしたミスがあった時や万が一の時には絶対に必要なスキルばかり…ものすごく大事です。
でもこれらのスキル、基本スキルがそれなりに身についていないとアタフタして練習すらなかなかできません。
ドルフィンアイズのCカード取得システムでは、この段階までに2回の基本スキル練習をした後なのでバッチリ!緊急系練習に身が入ることができます。
来週は海洋実習!
きっと問題なくできますよ。






ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。

ZOOMを使ってリモートでボートコース学科を開催

2020年11月26日(木)

今回は昔話から。。。
ガラケーからスマホに変えた頃、FaceTimeを使ってiPhoneとiPadで初めてテレビ電話をしました。子供の頃アニメで見たアイテムが目の前にあると少し興奮しました。当時長期入院中の祖母と自宅の祖父をFaceTimeで繋いで会話を楽しんでもらったこともありました。

新型コロナで世の中は急展開
ZOOMを使えば、パワーポイントやホワイトボードを使った講習も簡単にできちゃいます。
ご自宅に居ながら、学科講習が簡単に受けられる時代です。

今回、来月ボートスペシャルティの海洋実習が予定されているお客様の学科講習を、ZOOMを使ってリモートで開催しました。


いつもは1時間程度で終わる学科ですが、なんだか喋り過ぎちゃったみたいで1時間半もかかっちゃいました。
反省…反省…

これからスペシャルティの学科は基本リモートでやることにしよ。


水深30mオーバーの世界へ,ディープコース2日目

2020年11月23日(月,祝)

水深18mより深いダイビングをディープダイビングと言います。
ディープダイビングでは浅場にいない生物と出会えたり、透明度が良かったり、単純に行動範囲が広がったりとメリットがたくさんあります。
しかし楽しい一方で、リスクもありますのでディープコースではリスクへの対処法などを学びます。
また、このコースは2日間(3ダイブ)かかります。
今回は2日目、水深30mを超えるダイビングをします。
風向き、30mオーバーポイントへのアクセスの良さなどを考慮し大瀬に行ってきました。

水温:20度
透明度:10〜15m

1本目は「先端」へエントリーです。
先端は土日祝限定のポイントで、急傾斜になっており、簡単に30mオーバーに行けます。
また、2〜3m付近にはソラスズメダイ(青い魚)、キンギョハナダイ(オレンジの魚)などが乱舞し、とっても気持ちの良い場所です。
予定通り、36m付近まで行きました。
この水深では窒素酔いにかかることも多いのですが、講習生様はその症状はわからなかったとのこと。経験できると良かったのですが、こればっかりはコントロールできるものでもないので仕方ないですね〜
カリキュラムは全て修了しましたので、ディープコースは終了です!

おめでとうございます!

次回はボートコースに進むことになりました。
次回で更にダイビングできる範囲が広がりますね!







ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。

午前9時集合でナイトダイビングまで,圧巻の群れに遭遇!

2020年11月22日(日)

いつもは朝7時とか7時30分に集合しダイビングに出かけていますが、この日は前日にダイバーズ夜会2020が開催されたこともあり、遅めの集合で昼間2ダイブ、そしてナイトダイビングをしてきました。
ポイントはららら(平沢)です。

水温:20〜21度
透明度:10m


昼間のダイビング、まずは群れ群れのヘッドランドへ
ここで圧巻の群れに遭遇です。






アカカマスの群れです。秋になると群れになることが多いのですが、今年1番の大きな群れ、360度カマスに囲まれました。そこにワラサ(ブリの子供)が突っ込んできて一瞬カマスがビクッとする…そんなシーンをたくさん見れました。
実はカマスに囲まれるのもダイビングスキルが必要です。
バタバタしたり、大きく上下に揺れていると逃げてしまいます。中性浮力をとり、ホバリングしながらゆっくり群れの中に入っていきます。するとカマスは群れの中にダイバーを迎え入れてくれるんですよ。今回のお客様はうまくやってくれたので囲まれることに成功しました!




そして、ナイトダイビングへ
今回はナイト&視界不良コースの海洋実習でした。
初めてのナイトダイビングはちょっと緊張しますが、実際にダイビングしてみると昼間よりも楽しいと言う方がほとんどです。
今時期は日没が早いので、17時20分にはエントリー可能、お店に帰ってくるのも早い!
ナイトならではのシーンに出会えました。
2枚下の写真は一体何か?
ただのゴミのようにも見える物体…実はモクズショイと言うカニです。昼間ではありえない砂地の上を歩いていました。
また、ダイナンウミヘビも数匹、昼間はあっていない魚です。
昼間とは全く違う景色、生物が広がるのがナイトダイビングの魅力です。まだやったことのない方はぜひ経験してみて下さいね。






ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。

オープン前のミナカ小田原でダイバーズ夜会を開催

2020年11月21日(土)

毎年12月の第1週の土曜日に開催される「ダイバーズ夜会」
いつもダイビングして頂いているお客様への感謝、表彰、そして親睦を目的として開催しています。
今年は諸事情によりいつもより少し早い11月21日(土)に開催することになりました。

2019年の様子
2018年の様子

毎年「小田原お堀端万葉の湯」で開催していますが、今年は例の問題がありますので同じようにはできません。
こんな年でも何か方法を変えて開催したいと考えに考えたのですが、なかなかいい案がなく……大きな壁にぶつかっていたところお客様T様からご提案を頂きました。

その提案の内容が凄い!

小田原駅東口に今年12月4日(金)にグランドオープン予定の「ミナカ小田原」その14階にある展望足湯庭園を貸切に!
もちろんグランドオープン前に一般人が入ることなど絶対にできないエリア!
オープンエリアで換気問題ナシ!ここで足湯に浸かり、小田原駅前や小田原城の夜景を見ながら、ソーシャルディスタンスでお弁当を食べる!
お弁当は小田原お堀端万葉の湯が初めて製作したと言う逸品、とってもゴージャスでした。

コロナ対策をしつつ、コロナ時代を逆手に取った今年しかできない、お客様が楽しめるダイバーズ夜会を開催することができました。

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

来年は今まで通りの夜会ができる世の中になっていることを祈って、1人1人が今できることをやっていきましょう!




ドライスーツの首シール,手首シールを自分で交換する

2020年11月21日(土)

ドライスーツは両手首、首、防水ファスナーの3ヶ所で水の侵入を防いでいます。とっても重要な部分です。
3ヶ所とも正しい使い方と簡単なメンテナンスで長持ちさせることはできますが、長く使っていれば痛んでくるのは仕方がありません。もちろん痛んでくると水没の原因となります。壊れてしまうとホント大水没!ウエットスーツ以下の状態に陥ってしまいます。

今回2名のお客様のシールにひび割れを発見!

お客様のドライスーツは自分でシール交換が可能なタイプだったので「自分で交換作業」にチャレンジしてみました。
大川もこの作業は初めてだったので、一緒に勉強させてもらいましたが、基本お客様1人で作業をしましたよ。

まずは痛んだシールを外します。
テカテカのが新品です。


このシールはラテックスシールと言ってサイズ調整も自分でできるタイプです。
組立前に、シールだけ装着して具合を確かめます。


大丈夫なら組立てますが、ドライ本体の接続部も汚れがあるので、予め綺麗にしておきます。

綺麗になった後は凸と凹を合わせて押し込んでいきます。

首が終わったら、次は手首も同じ要領で交換します。

こんな感じで交換作業が終了
初めての作業、とっても勉強になりました。


ご来店、ダイビングの際は【改訂版新型コロナ対策】にご協力下さい。


<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

コース

お問い合わせはこちら

PAGE TOP